プロミスは審査が甘いって本当?審査時間や口コミも解説

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが運営する消費者金融であり、国内最大手カードローンの1つです。

CMなどでもよく目にするため、初めてお金を借りる方でプロミスに申し込みを考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし審査に申し込むにあたってプロミスの審査は厳しいの?審査に落ちる可能性もあるのかな…と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

このページではプロミスの審査に初めてチャレンジする方の為に、申し込み前に知っておきたい審査の流れや基準について解説します。

また、審査に通りやすい人の特徴や審査に落ちる可能性のある人の共通点についてもご説明します。

このページの目次

プロミスの審査は甘い?

プロミスはとても認知度の高い消費者金融であるため、 初めて消費者金融からお金を借りようとしている初心者の方からの申し込みも多いです。

しかし、実際のところプロミスの審査は甘くはありません

プロミスをはじめとする大手消費者金融では貸付条件を設定しており、申込者が貸付条件を満たしていなければ当然審査に落ちます。

審査に落ちてしまった場合は、信用情報に審査に通らなかったということが履歴として残ります。

だからこそプロミスの審査に申し込む前には審査の通過率や基準などを把握しておく必要があるのです。

プロミスの審査通過率を他社と比較

プロミスは新規成約率を公表しています。新規成約率は審査通過率ととらえることが出来ます。

以下の表は大手消費者金融5社の直近の新規成約率を比較したものです。

スクロールできます
消費者金融名新規成約率対象期間
プロミス39.1%2021年4~11月(出典:プロミス月次営業指標
アコム42.0%2021年4~9月(出典:アコムマンスリーレポート
アイフル34.1%2021年4~11月(出典:アイフル月次データ
レイクアルサ35.5%2021年4~9月(出典:新生銀行2021年度四半期データブック
SMBCモビット非公表

SMBCモビットは成約率のデータを公表していないため4社での比較になりますが、プロミスはアコムに次いで2番目に高い成約率であることが分かりました。

プロミスは大手5社の中では比較的審査に通りやすいカードローンであると言えるでしょう。

しかし成約率で見ると約10人に6人は審査に落ちているということになり、やはり決して審査が甘いわけではないことが分かります。

だからこそ審査の基準や見られるポイントを覚えておく必要があるのです。

プロミスの審査の申し込み基準

プロミスの審査を受けられる人の条件

20歳から69歳の、ご本人に安定した収入のある方

申し込み条件は、プロミスのホームページに上記のように記載されています。

安定した収入というのは正社員であるということではなく、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトの方でも継続して収入があれば構いません。

しかし短期や単発のアルバイトは、安定した収入とは言えないためパート・アルバイトでも2~3ヶ月間収入を得ていることが重要です。

自営業やフリーランスの方も同様に月の収入が安定した収入と言えるかどうかを見直してみてください。

プロミスの審査を受けても落ちる方
  • 年金受給者を含む無職の人
  • 専業主婦
  • 生活保護を受けている方
  • 年齢が20歳未満の方
  • 年齢が70歳以上の方

プロミスの審査に申し込んだ方の中には、定職についていて年齢条件を満たしていても落ちてしまう方がいます。

そこで問題となってくるのがプロミスが独自に設定する「当社基準」です。

当社基準はプロミス以外の消費者金融も設定していますが、実際にはどんな条件を設定しているのかは公表していません。

お借入シミュレーションを試しておこう

当社基準を解明するヒントになるのが、プロミスが用意している3項目お借入シミュレーションです。

お借入シミュレーションでは、生年月日・年収・現在の他社借入金額の3項目を入力すると診断してくれます。

実際に試してみたところ年収400万、他社借り入れ100万円でもお借入可能という結果が返ってきました。

他社借入額を上げて試していたところ、現在の他社借入金額が年収の3分の1に達した所で「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません」と表示されました。

つまりプロミスのでは総量規制に掛かるかどうかも判断していると考えられ、他社借入金額が年収の3分の1を超えていないことも貸付条件となります。

そのため、現在複数の消費者金融から借入している方や多重債務状態にある方はプロミスの審査に通過するのは厳しいと言えます。

またプロミスの当社基準では貸し倒れリスクがないかどうかもチェックしています。

例えばクレジットカードの支払い遅延が頻繁にある場合は、貸し倒れリスクが高いと判断される為審査に落ちる可能性が高くなります。

クレジットカードの支払い遅延などの情報はCICなどの信用情報に記録されているので、仮審査の段階ですぐに把握されてしまいます。

もうひとつ気を付けなくてはならないのが携帯電話の利用料金です。

3か月以上携帯電話の利用料を滞納している場合はプロミスの審査に落いても不利になるでしょう。

カードローンの審査において特に重要な6つのポイント

プロミスの公式サイトにはカードローンの審査において特に重要なポイントがコラムとして書かれています。

直接これらがプロミスのスコアリングポイントであるとは明記されていませんが、これらの項目がプロミスにおいて重要視されている項目であることは間違いないでしょう。

カードローン審査の重要ポイント
  • 信用情報
  • 借入状況
  • 住まいに関する情報
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収

参照:プロミス公式HP

全てが高評価であることが理想ですが、記載されている順を見てわかる通り特に個人の信用情報は非常に大事です。

仮に都内の大病院で10年間勤務いている年収2000万円の医者でも、過去にクレジットカードの支払いの遅延や申し込みブラック、多重債務など金融事故を起こしていれば審査落ちしてしまう可能性は高くなります。

逆にアルバイト収入のみの方でも、過去に信用情報に傷をつけるようなことがなければ審査に通る可能性は高いでしょう。

プロミスの審査にかかる時間

プロミスの審査にかかる時間は最短で30分です。

今回の編集部の調査でも審査時間は40分ほどで完了しましたので、審査時間は業界トップクラスで早いと言えます。

繁忙期や混みあった時間帯の場合は審査からお金の受け取りまで2時間以上かかっているという口コミも散見されるため、通常でも実際にお金を受け取るまでには1時間は見ておく必要があります。

あくまでも審査自体が最短で30分であって、即日融資を希望する場合はそれ以上時間がかかる可能性もあることを頭にいれておきましょう。

プロミスの審査はネットで必要情報を入力した後に、1次審査と2次審査の2段階に分けて審査を行っています。

1次審査では入力した情報や属性のスコアリングが行われ、同時にプロミス側が信用情報機関に金融事故の有無を確認します。

2次審査では申し込み内容に虚偽の申請がないかや提出書類に不備がないかを確認します。このタイミングで在籍確認をおこないます。

在籍確認が完了した段階でほぼ2次審査に通過していると考えて問題ありません。

審査時間を短くするコツは在籍確認をスムーズに行えるかどうかにかかっています。

プロミスの申し込み受付時間

プロミスの受付時間は以下の通りです。

スクロールできます
WEB申し込み365日24時間
自動契約機申し込み9:00~21:00
三井住友銀行ローン契約機申し込み9:00~21:00
電話申し込み9:00~21:00
店頭窓口(お客様サービスプラザ)平日10:00~18:00

しかし上記の時間帯以外で申し込むと、審査結果は早くても翌日の午前9時以降に持ち越されてしまうので注意してください。

プロミスの審査受付時間はどの申込方法でも同じですが申し込みの受付時間は異なっています。

店頭窓口や自動契約機による申し込みは時間も曜日も限られています。

特に店頭窓口は店舗によっても営業時間が異なりますので、WEBでの申し込みが一番スムーズと言えますね。

プロミスの審査に通りやすくするコツは?

プロミスの貸付条件を正確に把握することで、プロミスの審査に通りやすい方法が見えてきました。

まず年齢は20歳以上であることが絶対条件で、正社員に限らずパートやアルバイトでも何らかの仕事を2~3ヶ月以上継続している必要があります。

他社借入金額が年収の3分の1を超えていないことも重要です。

また、消費者金融の審査では他社借入件数が4件以上あると多重債務状態とみなされ審査に通りづらくなります。もし借入件数が多い場合は他社の返済を完了しておき、少なくとも他社借入件数を2社以内に抑えてください。

携帯電話の利用料金やクレジットカードの支払い遅延もご法度です。滞納がある場合は支払いを完了してください。

プロミスの審査に通りやすくするコツ
  • パートやアルバイトであっても2~3ヶ月勤続している状態で申し込む
  • クレジットカードの請求や携帯電話の利用料は全て支払い済みにしておく
  • 既に他社で借りている場合は年収の3分の1を超えていないかチェックする
  • 他社借入件数を2件以内に抑えてから申し込む

プロミスの審査では安定した収入があることと、信用情報に問題がないかを重要視しています。

もしも既にクレジットカードの支払い遅延が信用情報に記載されてしまっている場合、その記録は24カ月もの間履歴が残り続けます。

支払い遅延は延滞日数が61日以上の場合に記録されますが、61日を超えなければ金融事故(異動)情報として記録されることはありません。
しかし支払い遅延を1年間で3回繰り返すと、金融事故として登録されます。

金融事故として記載された場合はプロミスの審査に高確率で落ちます。そのため不安な方はCICから信用情報を請求して確認してから審査に申し込むことをおススメします。

プロミスの口コミは?評判はどうなの?

プロミスは、口コミサイトやYahoo!知恵袋でも評判の良い消費者金融です。

しかし、高評価の反面、審査に落ちた方や借入できなかったという方の口コミも散見されます。

このページでは、プロミスで審査をした方の体験談や、借り入れできない人の特徴をまとめました。

プロミスを利用した女性からの評判

「借金=怖い人がいるというイメージがありましたが、住んでいるアパートの更新費用がどうしても用意できずにいたのでプロミスを利用することにしました。暗い気持ちで申し込みましたが、女性専用オペレーターが丁寧に借り入れまでの流れや審査、返済の詳細について教えてくれました。自分の給料は高いとは言えませんが、負担の少ない返済額ですので無理のない利用であれば、カードローンの利用はありだと思います。」【20代女性/職業:事務員】

「夫の収入も悪くないし、タワーマンションに住んでいるけどママ友との付き合いが多くてお金がいくらあっても足りません。旦那に足りないことを言うと贅沢だと断られるし、パートで働くのを他のママに見られるとみじめと思われるのは絶対に嫌!どうしてもお金が欲しくてプロミスに申し込んだけど審査結果はNO。主婦は借りられないというのを知らなかったのですが、丁寧に説明してくれたので満足しています。」【40代女性/職業:主婦】

娘が医学部に合格したのはよかったのですが、入学金と授業料にびっくり。奨学金を背負わせるのはかわいそうだと思い、プロミスを利用しました。ざっとホームページをみたら運転免許証だけで借り入れ可能とあったのですが、50万以上の借入には収入証明書類がいることを見落としていました。申し込みも手間がかかり、面倒なことこの上ありませんでした。【40代女性/職業:受付】

プロミスを利用した男性からの評判

「 息子が人とトラブルを起こしてしまい示談金の50万で話はおさまったのですが、どうしても工面できずにプロミスを利用しました。一般庶民に50万なんてすぐに借りれるのか、不安でしたが難なく審査通過。今ではホッとしています。ちょうどボーナスの時期だったので一括で返済をしましたが、借入から30日以内だったので利息もかかりませんでした。いざという時には助かると思います。 」【40代男性/職業:会社員】

「友達と旅行用に貯金をしていたのですが、どうしても欲しい限定の時計があってつい購入。旅行資金が底をついてしまいました。学生でも収入があればプロミスは利用できるとのことだったので、藁をもすがる思いで申し込みをしたら無事に審査通過。なんとか旅費を抑えることができました。消費者金融って危ない人がいるイメージでしたが、コールセンターの人の対応も丁寧だったし、勧誘や夜中に取り立て業者が来ることもありません。」【20代男性/職業:大学生】

「会社を経営しているといっても一人親方で、まさに自転車操業でした。自営業ということもあって、審査には最短30分どころか3日以上かかりました。結果的に借りることはできたのですが、今後はあまり利用したくないですね。」【40代男性/職業:自営業】

「大学を卒業してからというものの就職難民になってしまい、アルバイトをしながら生計をたてていますが、生活が苦しく他社での借金は70万をこえていました。他に頼れるとこもなく、最後にプロミスに借りてみようと申し込みをしましたが、審査に落ちてしまいました。丁寧に断られたのが救いでした。東京で華々しく生活するのが僕の夢でしたが、身辺整理をして田舎に戻って一から出直します。」【20代男性/職業:フリーター】

口コミを見る限り、プロミスを利用するのに向いている人・向いていない人と特性がまったく違うことが分かりました。

プロミスが向いているのはこんな人

プロミスのキャッシングは即日融資であることが最大の特徴と言っても過言ではありません。すぐに貸してくれるのはありがたいことですがお金を返すアテがなければ、誰だって貸したくありませんよね。

自分がいくら借りたいのか・借りれる状況であるのか・返す計画はしっかりたててあるかなどキャッシングを利用するときは計画的に行いましょう。
真摯な態度をとることがプロミスでお金を借りるコツだと思います。

プロミスに向いている人
  • すぐにお金を借りたい人(即日融資をしたい人)
  • 少額でいいから借りたい人
  • 金融事故を起こしていない人
  • 初めてキャッシングをする人

逆にプロミスが向いていないのは以下のような人です。

プロミスに向いていない人
  • 他社でのキャッシング残高が残っている人
  • 在籍確認を避けたい人
  • パートやアルバイトをしていない専業主婦や無職の人
  • 高額のキャッシングをすぐに利用したい人

プロミスに申し込んだ後の流れ

プロミスの審査は最短30分で完了すると謳っている通り、審査からお金を受け取るまでの流れはスピーディーです。
最短1時間で全ての手続きは完了しますので、即日融資を希望しておりすぐにお金を借りたい人向けの消費者金融と言えます。

ただし即日融資を受けるためにはいくつか押さえておかなければならないコツがあります。

まず即日融資を受けるためには、カードレスで利用するためにWEBで申し込みをすることが前提条件です。自動契約機ではローンカードの発行を待つことになるため時間がかかってしまいます。カードレスであれば本審査通過直後にすぐお金を受け取ることが可能です。

とは言え審査に申し込む時間帯や曜日によって審査にかかる時間は長くなったり短くなったりするものです。

実際にどのくらいの時間を要するのか、編集部のHさんにプロミスの審査に申し込んでもらいました。

プロミスの審査の流れを検証

今回実際にプロミスに申し込んでもらうHさんは過去に複数社から200万円ほど借りていましたが、現在は他社借入件数も1件で総量規制にかかっていません。

編集部Hさんのスペック
  • 年齢30代半ば
  • 年収420万円(ボーナスなし)
  • 妻と子供1人の3人家族
  • 持家なし
  • 他社借入1件

まずHさんにはプロミスの公式HPからWEB申込をしてもらいました。
WEB申込から仮審査通過までにかかった所要時間と流れは以下の通りです。

お客様情報の入力開始

プロミスのWEB申込にかかった時間
Hさんメモ
  • 勤務先住所と入社年月を調べる時間でタイムロス
  • 他社借り入れ件数と金額が分からない人は調べておいた方が無難
  • 情報入力にかかった時間“5分36秒”

申し込みを完了すると2分と経たずにプロミスから1次審査通過のメールあり

1次審査のメール返信までにかかった時間
Hさんメモ
  • あまりにメール返信が早いのであわててストップウォッチを止めた
  • 1次審査の通過にかかる時間は個人差があるようなので、返信が遅い場合はコールセンターに確認した方が無難
  • プロミスからのメール返信にかかった時間”1分45秒”

1次審査通過メールに記載されていたURLから必要書類を送信

必要書類の提出までにかかった時間
Hさんメモ
  • 提出する必要書類は運転免許証が最もスタンダード
  • 私は財布の中身を全てひっくり返してこの所要時間だったので、あらかじめ準備しておくことがおすすめ
  • 運転免許証の裏面に記載があったので、そちらも撮影して送信
  • 申込時に登録したパスワードを要求されるので、忘れずにメモっておいた方が無難
  • 必要書類の提出にかかった時間”16分13秒”
本人確認が出来る書類
  • 運転免許証orパスポートor健康保険証+住民票
  • 在留カードor特別永住者証明書・収入証明書(※外国籍のみ)

収入証明書は借入希望額が50万以下か他社で100万円以上借りていなければ必要ない為、今回は用意していませんでした。

必要な状況であれば、最新の源泉徴収票、確定申告書、現在より過去2ヶ月分の給料明細書+賞与証明書(1年分)のいずれかを用意しましょう。

職場に在籍確認の電話がかかってくる

プロミスの在籍確認にかかった時間
Hさんメモ
  • 今回は調査目的で職場から堂々とプロミスに申し込んだ為、在籍確認は私が電話を受けあっけなくものの2分程度で完了
  • 職場から申し込める場合は審査結果の連絡方法を勤務先の電話番号にしておけば、在籍確認を前倒して済ませてしまうことも可能
  • 在籍確認の電話は非通知で掛かってきましたが、怪しまずに電話を受けてることが大切
  • 今回は在籍確認の電話が掛かってくるまでに15分以上を要したが、10分以内に掛かってくることも多いようなので電話の前で待っていた方が無難
  • 在籍確認の完了までにかかった時間”17分13秒”

在籍確認を完了するまでにかかった時間は約40分でした。
在籍確認が完了したら本審査はほぼ通過したも同然なので、あとは審査結果の通知を待つだけになります。

その後、本審査の結果が通知されるまでには約30分を要しました。
本審査の結果通知は「ご契約手続きのご案内」という件名でメールが来て、添付のURLにアクセスするとはじめて契約可能額がわかります。
しかしこの時点ではまだプロミスとの契約が完了したわけではありません。

プロミスの契約手続きの流れ

晴れてプロミスの審査に通過したら契約手続きを完了させます。

契約手続きの流れ
  • 返済方法を決定
  • 口座振替用の口座登録
  • 振込先を設定
  • ローンカード受け取り方法を選択

まずはじめに契約可能額のチェックと設定を行い、返済方法を決定します。

返済方法は口座振替による返済かATMによる返済を選択できますが、WEB完結を希望する場合は口座振替による返済方法を選択してください。

他にもプロミスからの案内メールを希望するかどうかを選択します。

今後増額の案内が送られてくる可能性もありますので、できれば希望しておくことをおすすめします。

次に、口座振替をする為の口座を登録します。

WEB完結を利用する為には口座振替の利用が必須なので、もし金融機関口座を複数お持ちの方は、WEB完結が利用できる金融機関の検索をおこなって登録口座を選ぶのがおすすめです。

登録時に一旦プロミスのサイトから金融機関のサイトに移りますので、必要情報を順番に登録していきます。口座振替申し込みが完了すると「口座振替登録が完了しました」と表示されるので次に移ります。

任意の振込希望額を契約可能額の範囲内で設定し、振込先を決定します。通常は「振替口座と同一」で問題ありません。

振込名義人の名前もプロミスかパルセンターで選択できますので、通帳にプロミスと記帳されたくない方はパルセンターを選択してください。

最後にローンカードの発行を希望するかどうかを選択します。カードが必要な場合は郵送してもらうか、自動契約機に来店して受け取る方法を選択できます。

来店によるローンカードの受け取りを選択しても瞬フリは利用できますのでご安心ください。

また必ずしもローンカードを受け取らないといけないということもありませんので、必要になった時に自動契約機で発行すれば問題ありません。

最終的に「同意して契約」のボタンを押した瞬間に、プロミスとの契約が完了します。振込キャッシングの瞬フリなら契約完了のボタンを押した10秒後には自分の登録口座にお金の振り込みが完了しています。

今回編集部では、即日融資にかかる時間を調査したかったため、プロミスの瞬フリを利用するのを前提としていました。

瞬フリのメリットは、全国約200の金融機関で24時間365日土日や夜間でも振込みが可能という点です。

つまり審査さえ通過してしまえば原則24時間お金を借りれます。

もしお持ちの口座の振込実施時間を知りたい場合は、審査前に金融機関別振込実施時間検索で確認しておくことをおすすめします。

土日や祝日の在籍確認について

プロミスの審査に土日や祝日に申し込んだ場合、勤務先が休みだと会社で電話を受けることもできませんが在籍確認はどうなるのでしょうか?

この悩みはプロミスのオペレーターに相談することで解決します。
土日の審査を受け付けている以上オペレーターは臨機応変に対応してくれます。例えば少額融資の場合は在籍確認を後日にスライドしてくれます。

またプロミスの電話による在籍確認自体を回避する方法もあります。本来在籍確認において、プロミスであることを名乗ることは絶対ありませんので、会社の上司や同僚にばれる心配はほぼありません。

心配な場合は、本人確認の電話のタイミングでオペレーターに相談してください。
必要であれば在籍確認の時間を指定することもできますので、本人が電話に出てしまえば会社にばれる可能性はもっと低くなります。

どうしても電話確認を避けたい場合は何らかの方法で会社への在籍を証明する代替案を提案してくれますので、まずはオペレーターに相談してみてください。

プロミスに落ちる人の共通点

プロミスの審査はよほどの理由がない限りは問題なく通過します。

逆に言えばプロミスの審査に落ちる人には以下のような共通点があります。

収入が安定していない

日雇いバイトなど収入が安定していない場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

借りたお金を返す当てがない可能性が出てきますから、貸し倒れリスクが高くなる為です。

安定した収入は公務員や正社員でなければいけないわけではなく、パート、アルバイトや派遣社員でも問題ありません。
しかし勤続実績が2か月に満たない場合は審査落ちの可能性が高くなります。

少なくとも2~3か月安定した収入のある状態で申し込みましょう

気づかない間に金融事故を起こしている

本人の気付かない所で金融事故を起こしている場合も審査落ちのリスクが急激に高くなります。

もし過去3か月以内に他社借入やクレジットカードの支払い遅延がある場合は要注意です。

もっとも盲点となるのが携帯電話の利用料金の支払い遅延です。

何らかの支払い遅延が年間で3回以上発生している場合は金融事故として扱われる為審査に落ちてしまいます。

申し込む前に支払い遅れや未払いがないかを確認しましょう

申し込み時点で虚偽の申告をしている

本当はアルバイトだけど正社員と偽ったり、年収を高く申告してもすぐにばれてしまいます。

特に他社借入件数や借入金額を偽って申告すると、信用を落とすことになり審査に落ちやすくなります。

他社借入があるからといって審査に落ちるわけではなく、誠実ではない方に融資はできないという判断をされます。

例え嘘をついていなくても住所や電話番号に間違いがあると、通りづらくなってしまいますので注意してください。

申込内容の嘘はすぐにバレる上に意味がないので絶対にやめましょう

短期間のうちに多重申込みをしている

お金を借りるときに保険のつもりで複数の消費者金融に申し込む人がいます。

その場合、消費者金融の審査に申し込んだ時点で信用情報に記録されますので、短期間でたくさんの審査を繰り返している人は、よほどお金に困窮していると判断され審査に落ちやすくなります。

他社の審査に落ちてすぐにプロミスに申し込むのも、申し込みブラックと判断されて審査落ちする原因となります。

そのため消費者金融でお金を借りるときは、まずプロミス1社に絞って審査の結果を待ってください。確実にプロミスの審査に通ることが先決です。

他社の借り入れを返済してから申し込みましょう

審査落ちしたらどうすればいい?

残念ながらプロミスの審査に落ちてしまった場合は、まずお金を借りやすい状況にするのが一番の対処法です。

お金を借りたいと焦るあまり、勤務年数を長く申請しても信用情報機関に問い合わせれば真実が分かってしまいます。勤続年数が引っ掛かっている場合は、まず3ヶ月給料が振り込まれているという実績を積みましょう。

プロミスは過去に金融事故をおこした方でも審査に通る可能性はあります。
しかし現時点でブラックリスト入りしている方は審査に通ることはありません。

消費者金融や銀行のカードローンの審査に落ちたという履歴は信用情報に6か月間記録されます。1社だけ落ちた履歴が残っていたとしても審査に通ることはありますが、より通りやすくするのであれば、何とか信用情報をきれいにするしかありません。

またプロミスの審査に落ちた場合は、SMBCグループのカードローンに通る可能性もなくなります。

どうしても半年待てない場合は、独立系の消費者金融であるアイフルの審査にチャレンジするか、多少金利は上がりますが中小消費者金融の審査を受けるしか選択肢は残されていないでしょう。

プロミスはWEB完結で郵送物をなしにできる

カードローンでお金を借りる際、家族や周りの人にバレないかどうかも非常に気になるところです。

プロミスのWEB申込は申し込みから融資までWEB完結に出来る上、自宅への郵送物をなしに出来ます。

そのためバレるリスクはほとんどないでしょう。

また、WEB完結ならお金を借りるのにローンカードも必要ありませんし、夜中や土日祝日でも借り入れできる点も魅力的です。

WEB完結は口座振替の利用が前提となりますので手数料もかかりません。なにより自動引き落としなので、返済を遅延するリスクも避けられます。

ただしすべての銀行口座が振込キャッシングに対応しているわけではないので、自分の口座が利用できるか確認しておきましょう。

スクロールできます
銀行名平日土日・祝日
三井住友銀行24時間受付24時間受付
じゃぱんねっと銀行24時間受付24時間受付
ゆうちょ銀行24時間受付24時間受付
みずほ銀行14:50~24:00は翌営業日に振込受付は可能だが翌営業日に振込

郵送物で家族にばれたくないけれど、どうしてもローンカードが必要という場合は自動契約機で受け取るように設定しておくことができます。

自動契約機でローンカードを受け取れば郵送物は一切なくなるので家族にばれることはありません。

プロミスのWEB完結を申込む方法

プロミスの申し込み時に、契約方法を選択できる部分があります。その際にWEB申し込みを選択しましょう。

また書面の受取方法についての項目がありますので、WEB明細で書面を確認するようにチェックを入れてください。

WEB明細にすればプロミスからの郵送物は一切なくなります。

プロミスの郵送物はWEB申し込み時の設定ですべて回避することができます。

もしもローンカードが必要になれば店舗に行ってカードを発行することもできます。カードローンで借り入れをしたいけど、親や兄弟にバレたくないと悩むよりはまずプロミスに相談してみましょう。

差出人はパルセンターにしておく

プロミス契約後の郵送物で気を付けるべき注意点は他にもあります。

プロミスの契約をWEB完結で申し込んでおけば原則として郵送物が届くことはありません。

しかし、返済の遅延・延滞・無視をしてしまった場合はプロミスから督促状が届いたり、催促の電話が自宅や会社にかかってくるので一発でバレます。

プロミスは契約時にあらかじめ郵送物の差出人をプロミスとパルセンターのどちらかから選ぶことが出来ます。

何かあった時のためにパルセンターを選択しておく方が無難でしょう。

しかし家族がパルセンターのことを調べてしまえば、プロミスが発行を依頼しているところだとわかってしまうことは注意が必要です。

返済の遅延・延滞・無視は絶対にやめましょう。返済できない事情がある方はまずプロミスに相談してください。

プロミスの無利息サービスとは

プロミスははじめて借りる方を対象に、30日間は何度借入をしても金利がかからないというサービスを提供しています。

無利息サービスを適用するためには、申し込み時にメールアドレスとネットで明細を確認できるWEB明細利用を登録すればOKです。

アコムやアイフルでも同じようなサービスを行っていますが、プロミスの無利息期間は契約日の翌日からではなく、借入日の翌日からのカウントとなります。

消費者金融名30日無利息期間
プロミス借入日の翌日から
アコム契約日の翌日から
アイフル契約日の翌日から

プロミス以外の業者は表からみてもわかる通り、審査に通り契約したその日から無利息期間が適用されます。
借入日の翌日から無利息期間が適用されるプロミスとは違い、キャッシングを利用しないと無利息期間が消滅してしまうデメリットがあります。

無利息サービスを延長する裏技

プロミスでは、会員登録をすると対象サービスを利用することで貯められるポイント制度があります。その貯まったポイントで借り入れ時の無利息期間を申請することができます。

スクロールできます
対象サービスポイント数取得条件
プロミスポイントサービス申し込み100ポイント初回登録時に付与
ネット会員サービスログイン10ポイント毎月のログイン時
会員サービス内のお知らせ5~20ポイントポイント獲得となる会員サービスのお知らせを確認
収入証明書類の提出160ポイント収入証明書類の提出
返済日通知メール各1ポイント月末時点で対象サービスを利用している場合
取引確認メール各1ポイント月末時点で対象サービスを利用している場合
パソコン・携帯での書面受け取り各1ポイント月末時点で対象サービスを利用している場合

無利息の延長に必要なポイント数

スクロールできます
必要ポイント250ポイント400ポイント700ポイント
無利息適用期間7日間15日間30日間

700ポイントを貯めるのには日数がかかってしまい現実的ではありませんが、初回のポイントサービスの申し込みと入証明書類の提出で簡単に260ポイントを貰うことができます。

無利息サービスと併用すれば合計で無利息期間を30日にプラスして1週間延長できるので、ポイント会員になったほうが絶対にお得です。

それでは、無利息サービスを適用しないとどのくらいの利息が発生するのか、実際に計算してみました。

利息計算式はキャッシング額×年率÷365日×利用期間です。

キャッシング額が20万円、利用期間を30日間と仮定して計算式に当てはめると、
200,000×0.178÷365×30=2926円となり、約3,000円も利息として支払うことになります。

ATM手数料を無料にする裏技

無利息期間が終わり、ただでさえ利息がかかっているのに手数料まで取られてしまうのかと思うかもしれませんが、返済手数料を無料にする方法は実は3つもあります。

1つ目はローソンやミニストップに設置されているLoppiや、ファミリーマートに設置されているFamiポートによるメディア端末を通せば、手数料は0円となります。
ただしメディア端末による利用は返済のみにしか利用できないことを覚えておきましょう。

2つ目は、会員登録で貯めた40ポイントを使用することで、使用日から翌月末日までATM手数料を無料にすることができます。

3つ目は、PCまたは携帯による銀行振り込みでの返済であれば、24時間いつでも返済時の手数料はかかりません
返済だけでなく、追加の借入も土日・祝日に関係なく金融機関の営業時間外でも利用することができるので、サービスプラザやATMに行く手間も省けるのでおすすめです。

ちなみにプロミスの返済期日は5日、15日、25日、月末の4つから選ぶことが可能です。今は現金がなくても、給料日のすぐ後に設定すれば利息を少なくすることができます。

ただこの返済期日は三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座で利用をしている人限定で、その他の金融機関の場合は毎月5日に固定されますので注意してください。

一括返済を利用して無利息期間内の完済を目指そう

プロミスの返済方法は残高スライド元利定額返済方式を採用しています。
名前を覚える必要は全くありませんが、借入後の残高に応じて返済金額が変動していく返済方式です。
返済金額が最後の残高が基準となっているので返済額が増額する毎月にかかる負担を抑えることができますが、逆に返済期間が長くなってしまいます。

プロミスでは毎月の返済金額以上に多く返済することができるので、毎月の負担をさらに軽くすることができます。

繰り上げ返済をして賢くプロミスを利用しましょう。

借り入れ残高返済金額返済回数
30万以下借入後残高×3.61%36回
30万以上100万以下借入後残高×2.53%60回
100万以上借入後残高×1.99%80回

※1000円未満はすべて切り上げ

上記表表に基づく最低返済金額の一例をあげると以下の通りです。

10万円×3.61%=3,610円→4,000円
50万円×2.53%=12,650円→13,000円
150万円×1.99%=29,850円→30,000円

まとめ

プロミスの商品内容は以下の通りです。

借入限度額1万円~500万円
金利4.5%~17.8%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期間最終借入後原則最長6年9カ月
返済回数 最終借入後原則最大80回
遅延利率20.0%
担保・保証人不要

プロミスは大手消費者金融として多くの方に選ばれていることからわかる通り、はじめてお金を借りる方に向いているカードローンです。

審査もポイントを押さえれば通りやすく、また即日融資にも対応しているためはじめての方でも安心して借りることが出来ます。

しかし消費者金融カードローンはその便利さからついつい使いすぎてしまい首が回らなくなってしまう方も中にはいらっしゃいます。利用する際にはご自身の返済プランにあった額にとどめておくように注意しましょう。

このページの目次
閉じる