オリックス銀行カードローンの審査は厳しいの?難易度や金利を解説します

大手ネット銀行の1つであるオリックス銀行のカードローンは申し込み者も多く人気です。

そんなオリックス銀行カードローンですが、保証会社が2社あるから審査が厳しいとよく言われます。

確かにオリックス銀行カードローンは独自の審査基準を有しており、個人差はありますが審査が厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではオリックス銀行カードローンの審査が厳しいのかどうかを申込方法や審査基準、金利の面から解説していきます。

このページの目次

オリックス銀行カードローンの審査難易度

画像:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは他のカードローン会社と比較してベースとなる審査は厳しめになります。

だからこそポイントを押さえてしっかりと対策してから審査に臨みましょう。

オリックス銀行カードローンの申込条件は以下の通りです。

オリックス銀行カードローンに申込める人
  • お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であること
  • 原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)の方は除く)
  • 日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

参照:申し込みの流れ

申込が可能なのは本人のみで、配偶者による申し込みは不可能です。 資金の使い道は自由ですが、事業性資金に利用することは出来ません。 契約期間は1年ごとに自動更新されます。 利用限度額は最大800万円で、1,000円単位での借り入れが可能です。

無職や専業主婦の利用は不可

オリックス銀行カードローンではいかなる方法を用いても、無職の方や専業主婦の方が借入することを認めていません。

主婦(主夫)の方の申し込みは認められていますが、あくまで利用対象者は本人に安定した収入がある方のみです。

Q.〔カードローン〕主婦(主夫)も申し込みできますか?

A.主婦(主夫)の方も申し込み可能です。※本人に安定した収入があることが条件です。

オリックス銀行よくある質問集

このことからオリックス銀行カードローンは所得の低い人を貸付対象としていますがメインとして獲得したい利用者はそこではないことが読みとれます。

もちろん年収の制限はありませんから、パートでもアルバイトでも収入を得ていれば利用することはできます。

しかし、オリックス銀行カードローンの審査の特徴は、主に高額融資が望める人に積極的に貸付をするというところにあります。

現在の所得が低くても今後収入アップが見込める方も同様に積極的な融資をしたいと考えていると思って良いでしょう。

現在安定して高収入を得ている方、今後収入が平均所得よりも上回る可能性のある方が、審査に有利に通過できる属性だと推測できますね。

オリックス銀行カードローンに申込出来ない方
  • 20歳未満
  • 70歳以上
  • 収入が安定していない
  • 無職

オリックス銀行カードローンは審査が2段階ある

オリックス銀行カードローンは現在、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の2社の保証会社と提携しています。

保証会社が2社になったことで利便性が高くなり、審査通過の間口が広がったことは私達消費者からすると、とても大きなメリットです。

大手銀行に比べれば審査体制がユニークな為、柔軟に審査を行ってくれることが期待できそうです。

オリックス銀行カードローンは上限金利が高い

オリックス銀行カードローンの17.8%という上限金利は大手の消費者金融カードローンと同等の水準です。

他の代表的な銀行カードローンは14.5%前後に設定しているところが多いですから、金利は高い方であると言えるでしょう。

金利が高いと毎月の返済額が増えるので、審査では返済能力をより慎重に見られることになります。

そういったことからもオリックス銀行カードローンの審査は甘くないということが分かります。

スクロールできます
銀行名金利(実質年率)最高限度額
オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%800万円
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%800万円
三菱UFJ銀行バンクイック1.8%~14.6%500万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円
楽天銀行スーパーローン1.9%〜14.5%800万円
プロミス4.5%~17.8%500万円
アイフル3.0%~18.0%800万円
アコム3.0%~18.0%800万円

また、オリックス銀行カードローンは金利が変動する仕組みになっています。

借入残高に応じて金利が変わる残高スライドリボルビング払いになっているので、借入の際にはあらかじめ返済シミュレーションを試しておきましょう。

借入額金利(実質年率)
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
600万円超700万円以下3.5%~5.8%
500万円超600万円以下3.5%~5.8%
400万円超500万円以下4.5%~8.8%
300万円超400万円以下4.5%~8.8%
200万円超300万円以下5.0%~12.8%
150万円超200万円以下5.0%~12.8%
100万円超150万円以下6.0%~14.8%
100万円6.0%~14.8%
100万円未満12.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンの審査からお金を借りるまでの流れ

オリックス銀行の審査からお金を借りるまでの流れを順番に示すと以下のようになります。

オリックス銀行カードローンの申込~審査の流れ
  1. お申し込みフォームへの入力(契約者)
  2. 受付メールの配信(オリックス銀行)
  3. ローン審査の開始(オリックス銀行)
  4. 勤務先への在籍確認・本人確認および申込内容の確認(オリックス銀行)
  5. ローンカード発行(オリックス銀行)
  6. 必要書類の提出(契約者)
  7. 利用開始(契約者)

審査の流れを確認すると、契約者側で行うことと言えば、申し込みフォームの入力、在籍確認と本人確認の電話を受け取る、必要書類の提出の3つだけということが分かります。

受付メールが届いたらEメールアドレス確認用URLをクリックし、受信確認を行うのを忘れないようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの審査に通過すると、ローンカードが発行されます。

ローンカードを受け取ったら、後は案内に記載されているIDとパスワードを打ち込んでメンバーズナビにログインしましょう。

必要書類の提出はとても簡単です。審査の時登録したメールアドレス宛に、「必要書類アップロード用URL」が送付されます。

メールが届いた段階で必要書類アップロードURLをクリックし、添付して送付するだけです。

本人確認書類に有効なもの
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人情報カード(※表面のみ)
  • パスポート  (※2020年2月4日以降に申請されたパスポートは「所持人記入欄(住所記載)」のページが無いため、本人確認書類として利用できません)
  • 在留カード・特別永住者証明書

利用限度額が50万円を超える借入を希望する方は所得証明書類も必要になります。

所得証明書類として有効なものは源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書、確定申告書(付表含む)などです。

必要書類の提出が終われば、ローンカード又はメンバーズナビから借り入れを行うことが可能です。

お金を借り入れる際に必要な操作は以下の通りです。

オリックス銀行カードローンの借入の流れ
  1. 振込み融資を選択
  2. 借入希望金額を入力
  3. 振込先口座を選択
  4. 入力内容確認を選択
  5. 振込み融資を申込む
  6. 振込み完了

振込先口座は申し込み時に登録した登録口座か、指定した口座を選ぶことができます。

指定の口座を選ぶためには、事前にメンバーズナビで登録をする必要があります。

利便性を高めるのであれば、振り込み専用口座、登録口座両方を使用できるようにして、ケースに合わせて使い分けるのがおすすめです。

まだ登録をされていない方はメンバーズナビから口座を登録することが可能です。

審査時間は少し長め

オリックス銀行は即日融資には対応していません。

そのため、消費者金融系の他社と比較して審査時間は少し遅めです。

しかし、契約手続き完了後は、すぐにローンカードを使っての提携ATMでの入出金が可能です。

また、振込融資も受けることができます。

在籍確認は電話連絡で行われる

オリックス銀行カードローンが審査に通過できると判断ができた時点で、在籍確認と本人の意思確認が行われます。

在籍確認は電話で行っており、電話での在籍確認ができないと審査通過していたとしても借入をすることができません。

職場へ在籍確認と聞くとはじめてカードローンを利用する方は抵抗感が持つ方もいるかもしれませんが、これはあらゆる銀行カードローン、消費者金融カードローンで必ず行われるものです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認では、申込者の勤務先に担当者の個人名で電話がかかってきます。担当者はカードローン審査であることは全く口にしないため、周囲の人にバレる心配は全くありません。

それでも心配な方は新しくクレジットカードを作ったから在籍確認があるかもしれない。くらいの軽い言い訳を会社にしておくとよいかもしれませんね。

オリックス銀行カードローンに落ちる人の特徴

オリックス銀行カードローンの審査は決して甘くはないため落ちてしまう方も中にはいます。

申し込み条件から外れている無職の方や20歳未満の方、70歳以上の方はもちろんですが、それ以外にも審査に落ちる方には共通点があります。

審査に申し込む前に知っておき、対策出来る部分はあらかじめ済ませておきましょう。

収入が安定していない

オリックス銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンの審査において最も重要なのが申込者の収入です。

カードローン会社はお金を貸しても返ってこない可能性がある人は審査に通しません。これは貸し倒れのリスクを減らすために行われることです。

そのため申込者の返済能力を収入の多さと安定性から判断します。

正社員でなければ融資を受けることは出来ないのかというとそうではありませんが、派遣社員やパート・アルバイトの方は正社員で働いている方以上に収入の安定性を厳しく見られることは覚悟しておきましょう。

では安定したというのはどのような状態を示すのかというと、一般的にカードローン審査において3ヵ月以上の勤続中であることが目安となると言われます。

自営業やフリーランスの方も融資に申し込むことが出来ますが、ご自分の収入が3カ月以上の安定したものであるかどうかを今一度確認しておきましょう。

他社からの借入数・借入額が多い

オリックス銀行カードローンは他社からの借入状況について申し込み条件には含んでいません。

しかし、他社からの借入額や借入件数が多い方は間違いなく不利になります。

他社からの借入が多い方を多重債務者と言いますが、そのような方は収入に安定性があっても返済能力が低いと見られてしまうためです。

可能な限り他社への返済を済ませてからオリックス銀行カードローンへ申し込むようにしましょう

過去に金融トラブルを起こしている

カードローンに限らず、クレジットカードの引き落としや携帯料金の支払いなどにおいて過去に支払いを滞納した、今現在未払いがあるという方は要注意です。

オリックス銀行カードローンの審査では信用情報を参照します。

クレジットカード会社などは信用情報機関であるCICに加盟しており、利用者の金融トラブルに関する情報を管理しています。

そのため信用情報に傷がついている方は審査において返済能力に問題があるとみなされ落ちる可能性が非常に高くなってしまうのです。

信用情報は程度にもよりますが回復するのに5年から10年ほどかかると言われています。

何か思い当たる点がある方は、オリックス銀行カードローンに申し込む前にCICから信用情報を取り寄せてみると良いかもしれません。

オリックス銀行カードローンの返済額はシミュレーションを利用しよう

オリックス銀行カードローンの審査を検討しているけど、実際にお金を借りたらどうのように返済すればいいのか、また返済額はいくらから返済すれば問題ないのかとても心配になりますよね。

カードローンを借り入れて後々返済できない!なんて後悔する結果にはなりたくないですよね。そんな支払いに関する不安も、オリックス銀行カードローンなら安心です。

オリックス銀行カードローンの返済方法には口座からの引き落としやATM返済などがありますので、あなたの返済しやすい方法で手軽に返すことが出来ます。

口座引き落としの場合、約定日にご指定の口座から引き落としとなります。 (一部、口座引き落としができない金融機関があります。)

一番オトクな返済方法は提携しているATMから返済する方法です。

有名どころでいうとセブン銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などは平日・土日や時間帯など関係なく手数料がかからず返済することが出来ます。(※ご利用いただけない時間帯もございます)

振込返済から、口座引き落としに変更する場合、所定の変更届が必要になりますので、事前に確認するようにしておきましょうね。

返済日は毎月10日と月末から選択できる

オリックス銀行カードローンでは、申込みのときに返済日をどちらかから選ぶことができます。

  • 毎月10日
  • 毎月月末日

勤めている企業によって給料日がまちまちですから、返済日を選べるのは嬉しい限りですね。月末に給料が入る方は月末を返済日に。

月初めに給料の入る方は10日に返済日を設定しておくと、返済遅延などの問題を出さずにスムーズな返済ができます。

でも、ここで気になるのは返済額が決まる日ですよね。
オリックス銀行カードローンの毎月の返済額は返済費に指定した日にちの14日前の午前3時に決定します。

最低返済額は借入額によって変動する

オリックス銀行カードローンで借り入れた後の、最低返済額はいくらぐらいでしょうか? 借り入れする金額によって毎月の返済額は変動します。

多く借り入れしすぎて、毎月の返済が滞ることがないようにくれぐれも借り入れる金額も合わせて検討するようにしてください。

借りている金額に対して毎月の返済額が低く設定されているので、これなら安心して返済することが出来そうですね。

借入残高毎月の返済額
10万円以下3,000円
10万円超30万円以下6,000円
30万円超50万円以下9,000円
50万円超100万円以下15,000円
100万円超150万円以下20,000円
150万円超200万円以下25,000円
200万円超250万円以下30,000円
250万円超300万円以下35,000円
300万円超400万円以下40,000円
400万円超500万円以下50,000円
500万円超600万円以下60,000円
600万円超70,000円

返済シミュレーションを利用しておこう

オリックス銀行カードローンの場合、インターネット上で返済シミュレーションを行うことが出来ます。

返済シミュレーションの使い方としてはまずコースを選択して、借りた金額、または借入希望金額を入力します。

毎月の返済金額や返済回数、総額をかんたんに知ることが出来ます。

ローンを利用する前にどのぐらいの利息がつくのか事前に知ることが出来るので、他の金融機関で借りたほうがいいかも?

など検討してから借り入れることが出来ます。

今返済している人も、最低額をただ支払うよりも繰越返済をすることで、利息がかからずお得に返済することも出来ますので一度返済シミュレーションを行い、見直してみるといいでしょう。

まとめ

この記事では、オリックス銀行カードローンの審査難易度や申込方法などについて解説していきました。

オリックス銀行カードローンはネット銀行のカードローンであることから、独自審査体系や金利になっています。

そのため、ポイントを掴んで対策すれば問題なく審査に通ることが出来ると思います。

カードローンは急な出費にとても便利なものですが、くれぐれも借りすぎには注意です。

申し込む際には、ご自分の返済計画にあった金額を借りるようにしましょう。

以下がオリックス銀行カードローンの商品概要です。

金利1.7%~17.8%
最高限度額800万円
融資時間最短数日
口座開設不要
申込方法WEB申込
担保・保証人不要

商号:オリックス銀行株式会社 登録金融機関:関東財務局長(登金)第11号

このページの目次
閉じる