消費者金融おすすめランキング15選【2022年最新】

急な出費でお金を借りたいときすぐに借りられる消費者金融はとても便利です。

しかし消費者金融はCMなどでよく見る大手の会社から中小の会社まで全国にたくさんあって迷ってしまいますよね。

この記事では消費者金融の選び方や、あなたが重視するポイントに合ったおすすめの消費者金融を紹介していきます。

このページの目次

消費者金融おすすめ5選!各社の特徴を比較しました。

もしあなたが消費者金融での借入がはじめてならば、大手の消費者金融に申し込むことをおすすめします

お金を借りた経験がない方は、消費者金融に対して怖いイメージや不安に感じている部分があるのではないでしょうか。

「利息が高すぎて返済できなかったらどうしよう…」「怖い人達が家まで取立てに来たりするのかな…」

消費者金融は国が認可した日本貸金業協会という法人団体に加入している正規の会社であり、違法業者ではないので実際には上記のようなことはありません。

しかし借りてみるまでは少なからず不安はあると思うので、はじめは利用者の多い大手の消費者金融から借りるのが無難です。

また、大手ならではの融資の速さや審査の通りやすさもポイントです。

消費者金融はあなたが重視するポイントを比較して選びましょう

消費者金融は会社ごとに特徴があるので、あなたが重視するポイントを比較して選ぶことをおすすめします

比較するポイントは以下のようなものが挙げられます。

消費者金融を比較するポイント
  1. 人気度
  2. 金利の低さ
  3. 融資の速さ
  4. 審査の通りやすさ
  5. 周囲へのバレにくさ
  6. サービス充実度

初めて利用する方にとっては特に、 お金を借りるわけですから不安に感じる部分があって当然です。 なので、信頼できる会社かどうかというのは重要だと思います。

大手の会社はどこも信頼度の部分に関して全く問題はありませんが、最も顧客から選ばれている人気なところにするというのは間違いない選択だと言えます。

金利や融資スピードといった機能的な面で優れたところを選ぶ方法や、審査の通りやすさや周囲へバレないかどうかという点も非常に大事です。

少額の借入を希望している方は、 お得に借りられる無利息期間などのサービス充実度を重視してみるのも良いと思います。

アコムは新規成約率が高いので審査の通りやすさを重視するなら最適

アコムの融資3秒診断はこちら

カードローン審査に通過できるか不安な方には新規成約率の高いアコムをおすすめします。

金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査にかかる時間最短30分
審査通過率42.0%
無利息期間30日間

※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

SMBCモビットを除いた4社が公開している月次データから、新規申込者数と新規成約数を参照して成約率を割り出しました。

40%を下回るところが多い中、アコムは42%と他社よりも高い数字になっています。

レイクALSAとアイフルの数字がやや上位2社と開いていますが、この2社はすでにアコムやプロミスなどから借りている方が申し込みをするケースもあるため通過率に影響しているという考えも出来ます。

しかし注意するべきなのは、どの会社も50%を超えるところはないようにやはり消費者金融の審査は甘くはないということです。

審査通過率を参照することも重要ですが、確実に通過するために事前にしっかりと準備をするということが何より大事であることは覚えておきましょう。

消費者金融名新規成約率(2021年3月期)
アコム42.0%(参考:アコムマンスリーレポート
プロミス39.1%(参考:プロミス月次データ
レイクALSA35.5%(参考:新生銀行データブック
アイフル34.1%(参考:アイフル月次推移
SMBCモビット非公開

アコムの融資3秒診断はこちら

アイフルは最短25分で借入も可能で融資の速さを重視する方におすすめ

アイフルの融資1秒診断はこちら

少しでも早く融資を受けたいという方にはアイフルでの借入をおすすめします。

金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査にかかる時間最短25分
審査通過率34.1%
無利息期間30日間

消費者金融は最短即日融資に対応しているところがほとんどです。さらに大手の会社は最短30分程度で融資も可能と公言しているところも多くあります。

中でもアイフルは最短25分で融資可能という驚きの速さで融資を受けることが可能であるため、速さを重視する方にはぴったりだと言えます。

しかしこれらはあくまで融資までの最短時間であるため、実際には審査の混雑状況や進行の具合によって変わる場合がある点は注意が必要です。

消費者金融名融資までの時間
アイフル最短25分
プロミス最短30分
アコム最短30分
SMBCモビット最短30分
レイクALSA最短60分

アイフルの融資1秒診断はこちら

プロミスは申込数と顧客満足度が高く人気度を重視する方におすすめ

プロミスの最短15秒事前審査はこちら

1番人気なところを選びたいという方にはプロミスをおすすめします。

その理由は「期間内の申込数」と「顧客満足度」の2点において高い数字を持っているからです。

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万円~500万円
審査にかかる時間最短30分
審査通過率39.1%
無利息期間30日間

消費者金融の大手5社の中でSMBCモビットを除く4社は対象期間の新規申込数を公表しています。

この数字を比較すると、プロミス・アイフル・アコムの3社は特に多くの申込みがあることが分かります。中でも最も選ばれているのはプロミスで、6か月間で29万人以上の方が申込をしていることが分かりました。

消費者金融名申込数(2021年4月から9月)
プロミス293,755人(参考:プロミス月次データ
アイフル281,357人(参考:アイフル月次推移
アコム268,181人(参考:アコムマンスリーレポート
レイクALSA195,872人(参考:新生銀行データブック
SMBCモビット非公開

次にオリコン顧客満足度を参考に各消費者金融における利用者の満足度を比較します。

中堅の消費者金融であるオリックスクレジットが顧客満足度の総合指標でトップの数字を誇り、次いで僅差の2位にプロミスという結果であることが分かりました。

消費者金融名顧客満足度
オリックスクレジット63.9点
プロミス63.7点
アコム62.8点
SMBCモビット62.5点
レイクALSA62.4点
アイフル61.1点
参照:ノンバンクカードローンの顧客満足度

プロミスの最短15秒事前審査はこちら

SMBCモビットは職場への電話確認と郵送物なしなので周囲にバレにくい

SMBCモビットのWEB完結申し込みはこちら

消費者金融を利用するにあたって職場の人や家族に利用をバレたくないという方も多いと思います。

そういう方にはWEB申込で職場への電話確認も自宅への郵送物もなしに出来るSMBCモビットをおすすめします。

金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査にかかる時間最短30分(※)
審査通過率非公開
無利息期間なし

消費者金融でお金を借りるときには職場への電話で在籍確認をされるのが一般的です。SMBCモビットは職場への確認を書面で済ませることが出来るので、電話による在籍確認なしにできます。

自宅への郵送物で家族に知られてしまうケースも避けたいですね。その場合は郵送物の有り無しもチェックしておきましょう。

しかし、実際には職場への電話も自宅への郵送物も消費者金融からであることは分からないように配慮されているので、バレる心配はほとんどする必要がありません。

それでもわずかなリスクをなくしておきたい方はSMBCモビットを選ぶのが良いと思います。

消費者金融名職場への電話確認自宅への郵送物
SMBCモビットWEB完結ならなしなし
アイフル原則なしあり
プロミス担当者の個人名でありなし
レイクALSA担当者の個人名でありなし
アコム担当者の個人名でありあり

SMBCモビットのWEB完結申し込みはこちら

金利の低さを重視するなら上限金利を見よう

金利の低さを重視する方にもプロミスをおすすめします。なぜなら、プロミスは上限金利が他社よりもやや低く設定されているからです。

大手消費者金融は借入額によって金利が変わる変動金利型になっており、借入残高が少ないほど金利が高くなります。

はじめての借入は少額融資からになる場合が多いですから、消費者金融を選ぶ上で金利を見るときは上限金利をチェックしましょう。

大手各社を比較するとプロミスの上限金利は他社よりもやや低くなっています。

また、下限金利には一見差があるように見えますが、これは各社の借入限度額に依存した数字なので注意しましょう。

例えば、プロミスの下限金利は4.5%でアコムは3.0%ですが、プロミスの借入限度額は500万円でアコムは800万円です。アコムで500万円を借りる場合の下限金利は4.7%なのでやはりプロミスの方がやや低い水準になっているのです。

消費者金融名金利(実質年率)
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%

プロミスの最短15秒事前審査はこちら

レイクALSAは無利息期間が豊富なのでサービス充実度を重視する方にぴったり

消費者金融はお得に借りられるサービスを行っていますが、一度チェックしておくべきなのは無利息期間サービスです。

この無利息期間を重視する方にはレイクALSAをおすすめします。

金利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~500万円
審査にかかる時間最短60分
審査通過率35.5%
無利息期間60日間

無利息期間は初めて借りる方を対象に、一定期間内なら金利がかからないで借りられるというものです。

例えば急遽お金が必要になったけど期間内に給料日やボーナスがあるので返せるという方は、この無利息期間を利用することでお得に借りられます。

この無利息期間ですが、30日間としている会社が多い中なんとレイクALSAは60日間あります。さらに5万円までの借入なら180日間無利息になるので、少額の借入ならうまく借りればかなりお得になります。

消費者金融名無利息期間
レイクALSA60日間(5万円までなら180日間)
アイフル30日間
アコム30日間
レイクALSA30日間
SMBCモビットなし

カードレスで使えるネット専門の消費者金融4選

大手消費者金融と比べると審査の難易度が高い傾向にありますが、現在ではネット専門の消費者金融サービスというのもあります。

専用アプリやサイトから利用出来てカードの発行もないので大変便利に利用できます。

また、関連するサービスを利用している方にはさらにお得に使えるキャンペーンなども充実しています。

ここではネット専門の消費者金融を4つ紹介します。

J.ScoreはAIスコアリングであなたに合った額を決めてくれる

J.Scoreは、あなたの情報をスコアリングして、スコアによってAIが融資条件を決めてくれるというサービスです。

あなたのライフスタイルや金融機関の利用状況などの情報からスコアリングをしてくれるので、あなたに合った適切な額を借りることが出来ます。

金融テクノロジーを駆使したサービスだけあって、もちろんWEB完結で即日融資にも対応しているので、急な出費にも対応することが出来ます。

スコアリングが上がると限度額が上がっていきますが、最大1,000万円まで借りられるのも魅力です。

J.Scoreはこんな方におすすめ!
  • 自分のAIスコアをチェックしてみたい方
  • ハイテクノロジーなサービスを使いたい方
金利0.8%〜15.0%
借入限度額10万円~1,000万円
審査にかかる時間最短即日
無利息期間なし
来店不要

ORIX MONEYはカードレスで借りられる次世代の消費者金融

ORIX MONEY(オリックスマネー) は、オリコン顧客満足度でトップに輝いた中小消費者金融のオリックスクレジットが2022年2月14日に取扱いを開始したカードレスのサービスです。

上限金利は17.8%と低く設定されており、最大800万円まで借り入れが出来ます。

ORIX MONEY(オリックスマネー)消費者金融の借入サービスですが、ローンカードがありません。申込から借入まで全てを公式アプリ上で完結させることが出来るので非常に利便性に優れています。

オリックスクレジットは他にもカードローン商品のVIPフリーローンも取り扱っているので、利用シーンに合わせて申し込む商品を変えることも出来ます。

オリックスマネーはこんな方におすすめ!
  • カードレスでローンを利用したい方
  • 顧客満足度の高いサービスを使いたい方
金利2.9%〜17.8%
借入限度額10万円~800万円
審査にかかる時間最短60分
無利息期間なし
来店不要

auPAYスマートローンはauPAY残高にチャージして使える

auIDを持っている方にはauPAYスマートローンもおすすめ出来ます。

WEB上で簡単に申し込みが出来て、即日融資にも対応しています。そのため、忙しい会社員の方でも便利に使うことが出来ます。

また、借りたお金はauPAY残高にチャージすることが出来るので、スマートフォン1つでどこにいても借入が可能です。

しかし借入限度額が100万円となっているので、のちのち高額の融資を考えている方は注意が必要です。

auPAYスマートローンはこんな方におすすめ!
  • auIDをお持ちの方
  • カードレスでローンを利用したい方
金利2.9%〜18.0%
借入限度額1万円〜100万円
審査にかかる時間最短30分
無利息期間なし
来店不要

LINEポケットマネーは申込から支払いまでスマホ1台で完結

LINEPAYを日頃から利用している方はLINEポケットマネーの利用もおすすめです。

あなたのライフスタイルやLINEの利用状況などをスコアリングしたLINEスコアの数値をもとに利用限度額や金利を決められるので、借りすぎのリスクが減らせます。

また、審査の結果がLINEで返ってきたり、LINEPAYの送金機能で返済できたりととても操作性に優れたローンサービスです。

もちろんLINEPAYでそのまま支払うことが出来るので、スマホ1つあれば申し込みから借入、支払いまですることが出来るのです。

LINEポケットマネーはこんな方におすすめ!
  • LINEやLINEPAYを日頃からよく使っている方
  • LINEスコアに問題がない方
金利3.0%〜18.0%
借入限度額300万円まで
審査にかかる時間最短30分
無利息期間100日分キャッシュバックあり
来店不要

大手に通らない方におすすめの中小消費者金融6選を紹介

これまでおすすめの大手消費者金融やネット専門消費者金融ついて紹介してきました。

しかし、消費者金融をすでに利用していて追加で申し込みをしようという方や、大手の審査に通らなかったという方は中小消費者金融への申込も検討してみましょう。

中小消費者金融なら絶対に借りられるということはありませんが、大手消費者金融や銀行のカードローンよりも通過しやすい傾向にあります。

また、中には大手にも劣らない魅力的なサービスを展開しているところもあります。

セントラルは14時までの申込で即日融資も可能な老舗消費者金融

セントラルは東京や横浜に店舗を展開している中小消費者金融ですが、契約はWEB上で完結出来るため、インターネット環境があれば自宅に居ながら契約を完了させられます。

またセントラルは最短で審査が30分で終了し、 14時までの申込なら即日融資も可能とスピード感に優れています。

専用のローンカードであるCカードは全国のセブン銀行ATMに対応しているので、お近くのセブンイレブンで借入れと返済が出来ます。

また、女性の方向けのローン「マイレディス」は女性スタッフが受付をしてくれるので、主婦の方にもおすすめの消費者金融です。

セントラルはこんな方におすすめ!
  • 融資までの速さを重視している方
  • 女性の方
金利4.8%~18.0%
借入限度額1万円~300万円
融資にかかる時間最短即日
無利息期間30日間
来店不要

キャッシングのフタバは少額の借入に対応していて借りやすい

中小消費者金融で少額の融資なら、借入上限50万円のキャッシングのフタバをおすすめします。

フタバは即日融資可能ですが、16時までの申込に限るので申込む際には注意してください。

利用者の口コミによると、キャッシングのフタバは審査に通りやすい消費者金融であることもポイントです。

少額融資専門なので金利は高めですが、30日間無利息サービスがあるので短期で返済する方には向いています。

フタバはこんな方におすすめ!
  • 旅行やご祝儀などの不足分を借りたい方
  • 審査に通過できるか不安な方
金利(1~10万円未満)14.959%~19.945%(10~50万円)14.959%~17.950%
借入限度額1万円~50万円
融資にかかる時間最短即日
無利息期間30日間
来店不要

ライフティは1,000円から借入可能で無利息期間も35日と長い

ライフティは東京都内にある中小消費者金融ですが、来店不要で24時間WEBから申し込みが出来ます。

ライフティは借入最少額が1,000円という超小口の融資にも対応しているので、急遽生活費が足りなくなってしまい困っている方にはとても便利です。

また無利息のサービス期間が35日間あり、大手と比較してもレイクALSAに次ぐ長さになっています。

一方で金利が高いというデメリットがあるので、少額を短期間借りたいという方におすすめの消費者金融です。

ライフティはこんな方におすすめ!
  • サービス充実度を重視している方
金利8.0%~20.0%
借入限度額1,000円~500万円
融資にかかる時間最短3営業日
無利息期間35日間
来店不要

アローは専用アプリからの申し込みで自宅への郵送物をなしに出来る

アローは愛知県にある消費者金融ですが、専用のアプリから申し込むことが出来るので来店は不要です。

アローはアプリからの申込みなら自宅への郵送物をなしで契約を完了できるので、家族や周りの人にバレたくないという方におすすめ出来ます。

また、最短45分で審査が完了し、最短即日振込にも対応しているのでお急ぎの方にも適しています。

24歳以下及び66歳以上の方は申込み不可と、やや年齢制限が広めである点は注意が必要です。

アローはこんな方におすすめ!
  • 周囲へのバレにくさを重視している方
  • 融資までの速さを重視している方
金利15.00%~19.94%
借入限度額200万円まで
融資にかかる時間最短45分
無利息期間なし
来店不要

ベルーナノーティスは14日間無利息サービスを何度も使える

ベルーナノーティスは、通販の会社であるベルーナが運営している消費者金融です。

ベルーナノーティスは大手と同水準の上限金利で借り入れることが出来ます。

また、初めてのご利用はもちろんですが、完済後再度の利用でも14日間金利がかからないので何度も利用する予定がある方にとてもおすすめです。

またベルーナノーティスは女性専用プランのレディースローンも用意されているので、主婦の方でも安心して使えます。

ベルーナノーティスはこんな方におすすめ!
  • 金利の低さを重視している方
  • サービス充実度を重視している方
  • 女性の方
金利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~300万円
融資にかかる時間最短30分
無利息期間14日間
来店不要

キャネットは最短30分で融資が出来るので急ぎの方に最適

キャネットは関西に展開している消費者金融で、WEBから簡単に申し込みが出来ます。

キャネットは最短15分で審査が完了し、最短30分で融資まで可能という中小消費者金融の中で圧倒的な融資スピードを誇っています。

もちろん来店も不要なので、忙しい会社員の方でも空き時間に借り入れることが可能です。

キャネットは500万円まで借入可能ですが、下限金利が高いので高額融資には向きません。

キャネットはこんな方におすすめ!
  • 融資までの速さを重視している方
金利15.0%~20.0%
借入限度額1万円~500万円
融資にかかる時間最短30分
無利息期間なし
来店不要

消費者金融で借りられる属性ごとにおすすめを紹介!

消費者金融は正規の貸金業者ですから、誰でも借りられるというわけではありません。

あなたが消費者金融で借りられる条件に合っているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

消費者金融の申込条件を確認

ほとんどの消費者金融は以下のような方を対象に申込を受け付けています。

お申込いただける方の条件は、年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

プロミスの申込条件

年齢の条件は会社によって多少違いがありますが、「安定した収入があること」という条件はこの記事で紹介している消費者金融の全てに共通しています。

つまり、消費者金融は無職の方や日雇いアルバイトなど収入が不安定な方では借りることが難しいということになります。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はお申込いただけます。

プロミスの申込条件

一方で毎月の収入があるならば属性の幅は広く、主婦や学生の方、パート・アルバイトの方でも申込み可能なところも多いです。

また仕事を始めたばかりの方や転職したばかりの方でも通過可能ですが、パート・アルバイトの方の場合は少なくとも2~3ヵ月以上お給料を得ている方のほうが安定しているとみなされやすいです。

学生は通りやすさと家族バレしにくさを見よう

学生の方には、審査の通りやすさと周囲へのバレにくさの2点を重視して選ぶことをおすすめします。

具体的にはSMBCモビット・プロミス・レイクALSAがおすすめです。

アルバイトをしているとはいえ、社会人の方と比べると返済能力は低いと判断されてしまいます。

そのため、初めから審査通過率の高いところを狙うというのは間違いない方法だと言えます。ただし収入が少ない分、借入限度額は低くなることは覚えておきましょう。

また、学生の場合は特に親や兄弟へのバレにくさが何より重要だと思いますので、自宅への郵送物なしのところに申込みましょう。

主婦は通りやすさと女性向け商品のあるところがおすすめ

主婦の方でもパート・アルバイトなどによる収入を得ている方なら消費者金融で借り入れできます。

その場合はアコムやプロミスといった通過率の高いところや、プロミスやセントラル、ベルーナノーティスなどの女性向けローンを取り扱っているところに申込むことをおすすめします。

女性の担当者の方が丁寧に対応してくれるので主婦の方でも安心して申し込みが出来ます。

一方でパートなどの収入を得ていない専業主婦の方は基本的に消費者金融で借り入れることは厳しいですが、ベルーナノーティスなら配偶者貸付という制度を利用して借りることが出来ます

消費者金融は年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという総量規制の対象です。この総量規制は世帯収入ではなく個人の収入でカウントされるので借り入れが出来ないのです。

配偶者貸付はこの総量規制の例外として、旦那様の年収の3分の1以上までなら借りることが出来る制度です。しかし申込みには旦那様の同意が必要なのでその点は注意が必要です。

フリーターや個人事業主は審査の通りやすさを見よう

フリーターの方は安定した収入を得ているとみなされるため、基本的にどこの消費者金融にも申込みが出来ます。

しかし返済能力は正社員の方などと比べると低いと判断されるので、審査はやや厳しく見られます。

そのため、審査に通りやすく同じくフリーターの方からの申込も多いプロミスやアコムをおすすめします。

また個人事業主の方も同じく通りやすさで選ぶのをおすすめしますが、事業費の借入を希望する場合などは銀行カードローンの個人事業主向けローンの利用を検討するのも良いでしょう。

消費者金融とは個人の消費者に対して融資をする貸金業者のこと

ここまで消費者金融の選び方やおすすめを紹介してきましたが、そもそも消費者金融とはどのようなものなのでしょうか?

消費者金融とは、個人の消費者に向けてお金を融資する事業者の総称です。

消費者金融の最大の強みは、即日融資をしてくれることです。今日すぐにお金が必要になったという時でもその日中に借りられるのです。

また、資金の用途は基本的に自由になっています。

そのため、足りない生活費に充てるもよし、旅行費や冠婚葬祭のために一時的にまとまったお金を借りるもよし、というように活用の幅が大きいです。

約7.5人に1人が現在消費者金融から借入をしている

日本信用情報機構(JICC)が発表している統計情報(2022年1月)によると、消費者金融の総登録人数は1,729.8万人で、総登録件数は2,915.9万件です。1人当たり1.7件の借入をしたという計算になります。

総務省が発表している日本の人口推計(2022年2月)によると、消費者金融の貸付対象となる20歳から70歳未満の人口は7,656万人だそうです。

単純計算ですが、なんと20歳から69歳の約4.5人に1人が消費者金融に登録しているのです。

また、JICCのデータでは、現在借入残高ありの人の人数は1,014.0万人、登録件数は1,529.9万件となっています。

つまり、20歳から69歳の約7.5人に1人が現在進行形で消費者金融を利用しているのです。ちなみに、1人当たり平均1.5件の借入をしているという計算になります。

こうしてみると、消費者金融を利用している人は案外たくさんいることが分かります。

項目登録人数登録件数1人当たりの件数
総登録情報1,729.8万人2,915.9万件約1.7件
残高あり情報1,014.0万人1,529.9万件約1.5件

申込みから借入までの流れ

消費者金融は次のような流れでお金を借りることが出来ます。

  1. 申込み
  2. 本人確認
  3. 必要書類提出
  4. 審査
  5. 契約手続き
  6. 借入開始

現在はほとんどの消費者金融がWEBから申し込み出来ますが、その他にも電話からや無人契約機、実店舗など色々な申込方法があります。

基本情報を入力して申込みをすると、メールや電話で本人確認があります。

必要書類(顔写真付き本人確認書類や収入証明書など)を提出すると、審査が行われます。審査は仮審査と本審査の2段階になっているところもあります。

大手なら最短で30分ほどで審査結果が返ってくるので、口座登録などの手続きを済ませたら借入を開始できます。

現在はこれらの流れをスマホやパソコン上だけで終えることが出来る、WEB完結申込が主流になってきています。

実際にどれくらいの利息がかかるのか

消費者金融で気になることの1つが、実際のところ利息がどれくらいかかるかですね。

返済シミュレーターを使ってどれくらいの利息が発生するのかを確認し、あなたが返済できるかどうかをチェックしてみましょう。

参照:アイフル返済シミュレーション

実質年率18.0%で10万円を返済する場合、月に1万円ずつ返済したら全11か月で返済が終了しました。

利息は元金に対して発生するので少しずつ減っていき、11か月で9,218円という額になります。もちろん、月の返済額がこれよりも少なければ返済期間が長くなり、多ければ短くなります。

あなたが借入を希望する額と、返済できる額を想定して試しておきましょう。

返済方法はネット返済・口座引き落とし・ATM振込のいずれか

消費者金融の返済方法は契約時に自分で選ぶことが出来ます。(途中変更も可能です)

インターネット返済では、あらかじめ利用可能な銀行口座を登録しておくと、スマホから簡単に返済をすることが出来ます。

簡単な操作で返済できて手数料が無料というところもあるので、対応している消費者金融を利用する場合はネット返済をおすすめします。

支払い日を忘れてしまったらどうしようという方は、口座引き落としも出来るのでそちらがおすすめです。

口座引き落としの場合は、返済金がをしておけばその通りに返済していってくれるので、操作をする必要がなくなります。

もちろんお近くの専用ATMやコンビニATMからの振込も可能ですが、くれぐれも返済日を忘れないように注意してください。

消費者金融に申し込む前に注意するべきこと

いざ消費者金融に申込む前に、注意するべき点がいくつかあります。

安全に利用するために確認しておきましょう。

年収の3分の1以上のお金を借りることは出来ない

消費者金融が利用者に年収の3分の1以上を貸付けることは、改正貸金業法によって禁止されています。

これは総量規制と呼ばれる規制で、2010年から施行されています。

総量規制の施行には、返済能力を超えるような貸付をしてきたことで破産してしまう利用者が増えてしまったという背景があります。

つまりこの規制は貸しすぎ、借りすぎによって生じる不幸な結果を減らし、安全に消費者金融を利用できるようにしたものなのです。

年収の3分の1以上というのは、全ての貸金業者での借入額の合計です。

すでに借入がある方はその分もカウントされるので注意してください。

返済の滞納や踏み倒しは信用情報に傷がつく

消費者金融でお金を借りるなら、返済の滞納や踏み倒しは絶対にやめましょう。

消費者金融の利用状況はクレジットカードの支払いと同じで、信用情報に記載されます。

支払いの延滞を繰り返したり、2~3カ月以上続けたら信用情報に傷がついてしまいます。

そうなると、その後5年間はクレジットカードが使えなくなったり住宅ローンやカーローンなども組むことが出来なくなります。

またそれ以上未納の状態が続くと、最悪の場合訴訟を起こされて強制執行が成立し、財産の差し押さえということにもなりかねません。

もしも何らかの事情により返済が出来ない場合は、速やかに消費者金融に相談をしましょう。

お金の借りすぎによる多重債務には注意

消費者金融を利用する際には、多重債務で首が回らなくならないように注意してください

消費者金融は少額から借りられて返済もしやすく、よくイメージされているような怖いことも全くないので一度利用してみるとその利便性の高さに驚く人も多くいます。

また、何度か利用していくうちに消費者金融側から返済能力や信用力を認められて限度額アップの案内が来ることもあります。

そうなった際にどんどん高い額を借りるようになっていき、しまいには首が回らず大変な思いをしてしまう人も中にはいるのが現状です。

消費者金融は便利だからこそ、本当に必要な時に必要な額だけを借りるように心がけましょう。

また、大手消費者金融の公式サイトでは返済シミュレーションを出来る機能がありますのでそちらも事前に試しておきましょう。

絶対に違法業者でお金を借りてはいけない

消費者金融を名乗る業者の中にはいわゆるヤミ金と呼ばれる悪徳な業者が存在しているのは事実です。

あなたが抱いていた貸金業者の危ないイメージは、これらの違法業者によるものです。

違法業者はいろいろな手口で利用者に近づき、法外な金利で貸付け、過度な取り立てを行います。

違法業者からお金を借りると待っているのは返済地獄のみなので、絶対に借りてはいけません。

知名度のある消費者金融ならば心配はありませんが、中小消費者金融から借りる際には正規の業者であるかどうか、一度金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで照会しておきましょう。

違法業者の特徴
  • 審査をしない
  • 収入証明書の提出がない
  • WEBサイトがない
  • いきなり高額を貸付ける

このページの目次
閉じる