カードローンのおすすめランキング15選【2022年】

カードローンは、カード1つで簡単にお金が借りられるサービスです。

中にはその日のうちに借りられるのもあるので、急な出費でお金が足りない時にはカードローンがとても役立ちます。

しかし、カードローンには消費者金融や銀行、クレジットカード会社などの信販系といろいろな種類があるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。

この記事ではカードローンを選ぶ際のポイントと、編集部が厳選したカードローンおすすめランキングを紹介していきます。

このページの目次

カードローンのおすすめ15選!選び方と各社の特徴

カードローンは大きく分けると消費者金融、銀行、信販会社の3種類ありますが、それぞれに特徴があります。

スクロールできます
種類即日融資金利審査
消費者金融高い通りやすい
銀行×低い通りにくい
信販会社やや低いやや通りにくい

さらにそれぞれの中でも、会社によって強みにしているポイントが違ったりします。

なので、あなたが希望する条件や重視するポイントに最も近いカードローンを選ぶのがおすすめです。

今回は日本貸金業協会が行ったカードローン経験者へのアンケートを参考に、カードローン選びにおいて重視されがちなポイントを7つピックアップしました。

これらの条件を満たすのはどこか、各社の強みを交えつつ15社紹介します。

カードローンを選ぶ際のポイント
  1. 利用者が多いか
  2. 即日融資できるか
  3. 審査に通りやすいか
  4. 金利が低いか
  5. 限度額が高いか
  6. 周囲へバレにくいか
  7. 無利息期間があるか

参考:資⾦需要者等の現状と動向に関する調査結果報告

アコムは審査の通過率が高い

アコムは最短30分で融資を受けることが出来るうえ、消費者金融の中でもひときわ審査の通過率が高いです。

WEB完結でも申込み出来るほか、全国に900カ所近くある自動契約機でも簡単に申し込みが出来ます。

また、アコムの専用アプリを使えばセブン銀行ならばカードレスでお金を引き出せるというのもポイントです。

プロミス、アイフルと並んではじめて利用する方に向いている3大消費者金融の1つです。

アコムはこんな人にピッタリ!
  • 審査に通過できるか不安な方
  • 今すぐお金が必要な方
  • はじめての申込みでサポートが必要な方
スクロールできます
金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
融資にかかる時間最短30分
無利息期間30日間

アイフルは最短25分で借りられる

アイフルは最短25分で融資が可能という圧倒的なスピードを持っています。

プロミスと同じく非常に人気が高いカードローンで、価格.comの2021年上半期カードローンカテゴリ総合人気ランキングで1位を獲得しました。

また、アイフルは独自の審査システムを採用しているので、カードローン審査にありがちな職場への電話確認がありません

そのため、職場の人に知られたくないという方にもアイフルはぴったりです。

セブン銀行やローソン銀行と連携しているスマホアプリを使えば申し込みから借入までスマホ1台で完了できます。

アイフルはこんな人にピッタリ!
  • 人気で安心感のあるところに申込みたい方
  • 今すぐお金が必要な方
  • 他の金融機関からすでに借りている方
スクロールできます
金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
融資にかかる時間最短25分
無利息期間30日間

プロミスは初めて利用する人からの人気No.1

はじめてカードローンを利用する方で少しでも不安を感じているならプロミス一択です。

プロミスはオリコン顧客満足度調査において2022年の初回利用部門で1位を獲得するなど、はじめてお金を借りる方から最も人気が高いカードローンです。

申込みから最短30分で融資を受けることが出来て、初めて借りる方は審査にも通りやすいです。

また、サポート体制が厚いところも利用者の多さに繋がっています。

アプリローンは専用アプリを使うことでカードなしの取引が出来るシステムで、スマホから24時間借入と返済をすることが出来ます。

プロミスはこんな人にピッタリ!
  • はじめての申込みで不安を感じている方
  • 今すぐお金が必要という方
  • 金利の面で少しでもお得に借りたい方
スクロールできます
金利4.5%~17.8%
借入限度額1万円~500万円
融資にかかる時間最短30分
無利息期間30日間

SMBCモビットは家族に借入を知られたくない方に最適

SMBCモビットのWEB完結で申し込むと、職場への電話確認なしで契約することが出来ます。

また自宅への郵送物もないので周囲の人に絶対に知られたくないという方にモビットは向いています。

来店不要で即日融資に対応していて、最短30分ほどで審査が終了します。

また、モビット会員限定のWEBサービスであるMyモビを使えば、振込キャッシングや残金からの返済シミュレーションが利用できます。

SMBCモビットはこんな人にピッタリ!
  • 職場の人や家族に絶対知られたくない方
  • 即日融資を希望する方
  • 計画的な返済プランを管理したい方
スクロールできます
金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
融資にかかる時間最短30分
無利息期間なし

レイクALSAは無利息期間が長く短期間で返済予定の方にピッタリ

レイクALSAは即日融資に対応していて、申し込みから最短60分で融資を受けることが出来ます

レイクALSAの最大の特徴は、初めて借りる方向けの無利息期間サービスが長いことです。他の会社は30日間と設定しているところが多いですが、レイクALSAは60日間の利息がかかりません。

さらに5万円までの借入なら180日間利息が0になるので、小口の借入や60日以内に返済する予定の方に最適なカードローンです。

申込みから借入までWEBで完結させることも可能で、契約後もe-アルサという専用アプリを使って全国のセブン銀行ATMでカードレスの利用をすることが出来ます。

レイクALSAはこんな人にピッタリ!
  • 2カ月以内に返済予定の方
  • 5万円までの借入を希望する方
  • 即日融資を希望する方
スクロールできます
金利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~500万円
融資にかかる時間最短60分
無利息期間60日間

三井住友銀行カードローンは低金利で借りられてサポートが手厚い

国内最大の銀行の1つである三井住友銀行は、手厚いサービスやサポート体制を期待する方向けのカードローンです。

取引には専用のローンカードが発行されるので、三井住友銀行の口座を持っていないという方でも問題なく利用することが出来ます。

さらにメガバンクならではのサポートが充実していて、借入後の計画的な利用や返済について担当者に相談することが出来ます。

しかしその反面、審査が厳しく最短でも翌営業日の融資になるので急ぎの方は注意が必要です。

三井住友銀行カードローンはこんな人にピッタリ!
  • 金利が低いところで借りたい方
  • 銀行ならではのサポートを受けたい方
  • はじめての借入で過去に金融トラブルなどがない方
スクロールできます
金利1.5%~14.5%
借入限度額10万円~800万円
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

三菱UFJ銀行バンクイックは借入返済の手数料0円

三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは、全国の三菱UFJ銀行ATMはもちろん提携コンビニATMでも使えて手数料が無料です。

バンクイック専用のカードが発行されるので三菱UFJ銀行口座を持っていなくても使えますが、口座を持っている方はよりスムーズに契約することが出来ます。

バンクイックは大手銀行のカードローンですから審査に通過するのは簡単ではありません。

安定した収入による返済能力をしっかりとチェックされるのでその点は注意してください。

三菱UFJ銀行バンクイックはこんな人にピッタリ!
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っている方
  • 大手銀行の手厚いサポートを受けたい方
  • お金を借りるのが初めてで過去に金融トラブルなどがない方
スクロールできます
金利1.8%~14.6%
借入限度額10万円~500万円
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

みずほ銀行カードローンは口座を持っている方に嬉しいキャンペーンが充実

銀行カードローン希望でみずほ銀行の口座を持っている方なら、みずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行は上限金利が14.0%と低いので、低金利で押さえたい方にもってこいのカードローンです。

みずほ銀行の口座がなくても専用のローンカードから使うことが出来ますが、口座を持っているとよりお得に使えるキャンペーンが充実しています。

申し込みは24時間受付でWEB完結可能です。

みずほ銀行カードローンはこんな人にピッタリ!
  • みずほ銀行の口座を持っている方
  • 大手銀行の手厚いサポートを受けたい方
  • お金を借りるのが初めてで過去に金融トラブルなどがない方
スクロールできます
金利2.0%~14.0%
借入限度額10万円~800万円
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

楽天銀行スーパーローンは楽天会員ならメリットが多い

楽天銀行のカードローンであるスーパーローンは、楽天会員の方が利用するとメリットがたくさんあります

スーパーローンを契約したときや利用金額に応じて楽天ポイントが貯まります。

また、楽天会員ランクに応じて審査の優遇があるので、利用歴や頻度の高い方は特に通りやすくなります。(必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。)

ネット銀行ですからもちろんWEB上で申し込みを完結させることが可能で、借入や返済に関しても手数料がかからないのもうれしいポイントです。

楽天銀行スーパーローンはこんな人にピッタリ!
  • 楽天を日頃から利用している楽天会員の方
  • 楽天銀行口座を持っている方
  • 利息が下がるキャンペーンを使ってお得に借りたい方
スクロールできます
金利1.9%~14.5%
借入限度額10万円~800万円
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

イオン銀行カードローンは初回振込融資で早く借りられる

イオン銀行の口座を持っている方なら、契約完了後カードが届く前に1度だけ振込融資による借り入れが出来ます。

そのため即日ではありませんが、銀行カードローンの中では融資にかかる時間が短めです。

上限金利が13.8%ととても低く、銀行カードローンを考えている方で希望融資額が少なめの方には非常に合っているカードローンです。

また、近くのATMから1,000円単位で引き出すことが出来るのも便利です。

イオン銀行はこんな人にピッタリ!
  • イオン銀行口座を持っている方
  • 少しでも早めに借りたい方
  • 銀行カードローンで少額融資を希望の方
スクロールできます
金利3.8%~13.8%
借入限度額10万円~800万円
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

オリックス銀行カードローンは2段階の審査であなたに合った貸付をしてくれる

オリックス銀行カードローンの審査は2段階あり、オリックスクレジット株式会社と新生フィナンシャルが保証会社になっています。

2段階の審査で借りられる額が決定するので、あなたに合った金額を融資してくれます

また、オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中では上限金利が高いことが特徴です。

審査において返済能力をしっかりとチェックされるので安定した収入を得ていることが前提となるでしょう。

オリックス銀行はこんな人にピッタリ!
  • 自分に合った適切な金額を借りたい方
  • はじめての借入で過去に金融トラブルなどがない方
スクロールできます
金利1.7%~14.8%
借入限度額10万円~800万円
融資にかかる時間最短数日
無利息期間なし

住信SBIネット銀行カードローンは顧客満足度3年連続1位の安心感

住信SBIネット銀行のカードローンは、金利が低く借入限度額が高いので高額の融資に向いています

住信SBIネット銀行は、オリコン顧客満足度ランキングの銀行カードローン部門にて3連連続総合評価1位を獲得するなど利用者から圧倒的な支持を受けています。

審査の結果に応じて限度額1,200万円のプレミアムコースと700万円のスタンダードコースに分けられます。

また、キャッシュカードにローン機能が付帯されるのでローン専用カードがなく、周りの方にバレるリスクが低いのも魅力的です。

住信SBIネット銀行カードローンはこんな人にピッタリ!
  • 顧客満足度の高い人気のところで借りたい方
  • 収入が多く、高額の融資を考えている方
  • 周りの人にバレたくない方
スクロールできます
金利1.59%~14.79%
借入限度額10万円~1,200万円(プレミアムコース)
融資にかかる時間最短翌営業日
無利息期間なし

三井住友カードのカードローンは低金利なのに最短5分でカード発行可能

三井住友カードのカードローンは金利が低く、融資までのスピードが早いという使い勝手の良さが利用者から高い評価を得ています。

9:00~19:30の間に申込むと最短5分(※1)でカードが発行され、最短5分振込も可能です。

また、振り込み専用のカードレスで契約することもでき、そちらのプランの場合最大金利が14.4%と銀行カードローンよりもさらに低い金利で借りることが出来るのです。

三井住友カードを持っていない方でももちろん応募が可能で、審査難易度もそれほど高くはなっていないのも魅力です。

三井住友カードはこんな人にピッタリ!
  • 即日融資希望で金利も低く抑えたい方
  • キャンペーンでお得に借入したい方
  • 過去に金融トラブルなどを起こしていない方
スクロールできます
金利1.5%~15.0%
借入限度額900万円まで
融資にかかる時間最短5分でお借入れ可能(※1)
無利息期間最大2ヵ月間お利息0円・1,500円相当のVポイントプレゼント(※2)

三井住友カードの公式HPはこちら

※1 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※1 最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
※2 期間中、入会後最大2ヵ月間はご返済時のお利息が0円となります。さらに今だけの入会特典として1,500円相当のVポイントプレゼントがございます。
≪キャンペーン期間≫ 2022年7月1日(金)~2022年12月31日(土)※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

JCBのカードローン「FAITH」は2つの返済方法で圧倒的な低金利

FAITHのキャッシング1回払いでは、金利5.00%で最大5万円の借り入れが可能です。

また、キャッシングリボ払いでも最大金利12.5%という圧倒的な低金利で借り入れをすることが出来ます。

その一方で、FAITHは最短3営業日での借入が可能なので、即日でお金が必要という方には注意が必要です。

また、低金利で借り入れが出来る分審査において返済能力をしっかり見られるので注意しましょう。

JCBのFAITHはこんな人にピッタリ!
  • 圧倒的な低金利で借りたい方
  • 返済能力が高く安定した収入がある方
スクロールできます
金利(キャッシングリボ払い)4.4%~12.5%(キャッシング1回払い)5.0%
借入限度額(キャッシングリボ払い)最大500万円(キャッシング1回払い)5万円
融資にかかる時間最短3営業日
無利息期間なし

クレディセゾンのマネーカードは2種類から選べて低金利

信販会社のクレディセゾンが提供するカードローンは、100万円上限のマネーカードと年収400万円以上の方が対象のマネーカードゴールドのどちらかを選んで申し込み出来ます。

金利が低く、特にゴールドカードに関してはかなりの低金利で借りることが出来ます。

マネーカードは即日融資はできませんが、急な出費にも対応できるように審査結果は当日中に分かるようになっています。

お申し込みはWEB上からか、パルコなどの店舗でも受付が出来ます。

マネーカードはこんな人にピッタリ!
  • 自分に合ったコースで利用したい方
  • 返済能力が高く安定した収入がある方
スクロールできます
金利(100万円コース)15.0%(200万円コース)8.47%(300万円コース)6.47%
借入限度額100万円、200万円、300万円まで
融資にかかる時間最短数日
無利息期間なし

カードローンの選び方で重視するポイントを解説。

カードローンを選ぶ際にあなたが重視するポイントをピックアップし、そのポイントに対して強みを持っている会社を紹介していきます。

まだどこに申込むべきか分からないという方は、自分が「これだけは重視したい!」と思っているポイントが何かを再度確認してみましょう。

カードローンを選ぶ際のポイント
  1. 利用者が多いか
  2. 即日融資できるか
  3. 審査に通りやすいか
  4. 金利が低いか
  5. 限度額が高いか
  6. 周囲へバレにくいか
  7. 無利息期間があるか
スクロールできます
項目消費者金融銀行カードローン
安心度
金利平均18.0%平均14.5%
即日融資可能不可
審査難易度通りやすい通りにくい
バレにくさバレにくい普通
無利息期間ありなし

初めての利用で不安な方は利用者が多いところを選ぼう

消費者金融の新規申込者はプロミスやアイフル、アコムが多く、毎月平均して4~5万人の方が申し込みをしています。

はじめてカードローンに申込む方やお金を借りた経験が少ない人には大手の消費者金融が無難です。

貸金業者というのはどうしても怖いイメージがあったり、信用できる会社なのか分からないという方は多くいらっしゃいます。

銀行カードローンにしても消費者金融にしても、金融庁の認可を受けた日本貸金業協会という協会に登録されているので実際には怪しいことはありません。

しかし、知名度の低い貸金業者の中には悪徳会社が紛れていることも事実ですので、やはり知名度が高いところにするのが良いでしょう。

銀行カードローンは新規申込数を公表していないので具体的な数値を示すことは出来ません。

また、はじめて借りる方は三井住友銀行や三菱UFJ銀行バンクイックなどのメガバンクに通る可能性も高いので、そちらを選ぶのも安心でしょう。

スクロールできます
名称新規申込者数(2021年4月~9月)
プロミス293,755人(参考:プロミス月次データ
アイフル281,357人(参考:アイフル月次推移
アコム268,181人(参考:アコムマンスリーレポート

消費者金融なら今日中に借りることができる

急遽お金が必要になって、今すぐに借りたいという方は消費者金融カードローン一択です。

消費者金融は最短30分前後というところが多く、即日融資に対応しています。また、信販・クレジット系のカードローンでは最短5分で借入れ可能な三井住友カードもおすすめです。(※)

一方で銀行カードローンで即日融資可能なところはありません。

銀行は、審査の一環として申込者の情報を警察庁のデータベースに問い合わせることが義務付けられているのです。

そしてその結果が出るのに少なくとも1営業日を必要とするため、審査結果が最短でも翌営業日になるのです。

スクロールできます
名称融資までにかかる時間
アイフル最短25分
プロミス最短30分
アコム最短30分
SMBCモビット最短30分
レイクALSA最短60分
三井住友カード最短5分発行(※)

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

とにかく金利が気になる方は上限金利が低い銀行か信販を選ぼう

金利が低いところが良いという方は、JCBのFAITHか銀行カードローンにするべきです。

カードローンの金利は変動制の実質年利になっていて、借入額によって年利が変わります。また金利は借入額が高いほど下がり、借入額が少ないほど高くなります。

初めから高額を借りられるところは少ないので、上限金利が適用される前提で考えておくのが良いと思います。

銀行カードローンは上限金利14.5%から15.0%前後のところが多く、消費者金融は18.0%前後のところが多いので、金利の低さを重視する方は銀行カードローンで考えましょう。

また、JCBのFAITHはクレジットカードのカードローンですが、上限金利12.5%と低金利なうえキャッシング1回払いなら5%均一になっています。

スクロールできます
名称金利(実質年率)
JVB「FAITH」4.4%~12.5%
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%

借入限度額の余裕をもって借りたい方は800万円以上に着目しよう

限度額いっぱいまで借りる方はなかなかいないと思いますので、よっぽど低いところでない限り気にならないかと思います。

しかし、中にはおまとめや借り換えで考えている方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方には借入限度額800万円以上のカードローンを選ぶと安心でしょう。

例えば三井住友カードは900万円、アコムやアイフルは800万円が限度額になっています。住信SBIネット銀行は審査の結果によってコースが2つあり、プレミアムコースなら1,200万円が限度額です。

ただし初めから限度額近くまで借りられることはまずないので、少しづつ限度額を上げていくということになります。

スクロールできます
名称借入限度額
住信SBIネット銀行カードローン1,200万円(プレミアムコース)
三井住友カードのカードローン900万円
アコム800万円
アイフル800万円

絶対に審査に通りたい方は審査通過率の高いところを選ぼう

絶対審査に通りたいという方は審査通過率の高いアコム、プロミスに申し込んでください。

当たり前ですが、カードローンは審査に通らなければお金を借りることが出来ません。

カードローン会社はあなたの現在の収入や他社での借入状況、過去の金融トラブルがないかといった信用情報をもとに、あなたの返済能力を判断します。

収入が安定していて、これまで特に借入やクレジットカードの滞納などがない方が落ちることはまずありません。しかし、収入が多くない方や過去に何らかの懸念事項がある方は要注意です。

そのような方は、初めから通過率が高いところを狙って申込みをするというのもありでしょう。

しかし収入がない方や多重債務の方、ブラックリストに載ってしまっている方が通る可能性はほぼありません。

なお、銀行カードローンは審査通過率を公表していませんが、消費者金融よりも厳しいと言われています。

スクロールできます
名称新規成約率
アコム42.0%(参考:アコムマンスリーレポート
プロミス39.1%(参考:プロミス月次データ
レイクALSA35.5%(参考:新生銀行データブック
アイフル34.1%(参考:アイフル月次推移

職場の人や家族に知られたくない方は郵送物の有無をチェックしよう

カードローンの利用を職場の人や家族に絶対知られたくないという方にはSMBCモビットやアイフルが向いています。

あなたはカードローンを利用するにあたって周りの人に知られたくないと考えているでしょうか。お金を借りる事情はプライバシーに関わることですから、そう考えるのは当然です。

カードローン会社もそのことは分かっていますので、しっかりと配慮をしてくれます。

しかし、あなたの申込内容に間違いがないかを確認するための在籍確認は必ず行われるので、不審に思われてしまうリスクは0とは言えません。

不安な方は在籍確認で職場への電話がないところと、自宅への郵送物がないところを選ぶのが安心です。

スクロールできます
名称職場への電話確認自宅への郵送物
SMBCモビットWEB完結ならなしなし
アイフル原則なしあり
プロミス担当者の個人名でありなし
レイクALSA担当者の個人名でありなし
三井住友銀行カードローン担当者の個人名であり契約機でのカード受け取りでなし
三菱UFJ銀行バンクイック担当者の個人名であり契約機でのカード受け取りでなし

少しでもお得に借りたい方は無利息期間の長さを確認しよう

短期間で返済する予定の方やお得に借りたい方は無利息期間の長い住信SBIネット銀行かレイクALSAです。

例えば10万円を実質年率18.0%で借り入れて月4,000円ずつ返済する場合を仮定します。

無利息期間なしの場合32カ月で返済が終わり、利息分を合わせた総返済額は126,260円になります。

一方でレイクALSAの60日間無料があると、31カ月の返済となり、総返済額は121,274円になるので約5,000円もお得に借りられるのです。

無利息期間は銀行カードローンの場合取り扱っていないところも多いですが、住信SBIネット銀行のように期間限定のキャンペーンとして行っているところもあります。

スクロールできます
名称新規申込者数
住信SBIネット銀行カードローン3ヵ月間(2022年5月31日までの申込が対象)
レイクALSA60日間(5万円までは180日間)
アイフル30日間
アコム30日間

生活費の足しや娯楽費を借りたい方には消費者金融がピッタリ

消費者金融はボーナス前の生活費の足しや旅行費などの娯楽費への利用に向いています。

消費者金融の利用者への調査結果によると、「将来の臨時収入や収入の増加を見込んだ支出の先取り」や「旅行や物品購入など」を目的に利用する人が多いことが分かりました。

「将来の臨時収入や収入の増加を見込んだ支出の先取り」は、給与やボーナスでの返済を計画した生活費の前借りのことだと考えられます。

消費者金融は少額融資や無利息期間といったサービスが豊富なので、そういった日常的なシーンで多く利用されているのです。

スクロールできます
貸金業者カードローンの利用動機割合(複数選択可 n=587)
将来の臨時収入や収入の増加を見込んだ支出の先取り40.7%
旅行や物品購入など35.9%
急な冠婚葬祭などによる支出16.2%
リストラ・失業・転職などによる収入の減少14.8%
資格取得や語学勉強など将来を見据えた自己投資12.8%
参考:資⾦需要者等の現状と動向に関する調査結果報告

銀行カードローンはやむを得ない出費にも対応できる

金利が低い銀行カードローンは、やむを得ない出費やまとまったお金が必要な時に向いています。

全銀協が行ったアンケートによると、消費者金融と比べて生活費や娯楽費での利用割合は低いことが分かりました。

対して所得の減少や、冠婚葬祭、医療費といったやむを得ない出費シーンに活用する人の割合が高くなっています。

銀行カードローンは申込から融資まで数日間の日にちを必要とするので、利用する際にはあらかじめ計画的な申込をしておく必要があるでしょう。

スクロールできます
銀行カードローンの利用動機割合(複数選択可 n=2000)
日常的な生活費の支出増加を補うため25.5%
レジャー・趣味・娯楽を楽しむため23.7%
給与・ボーナス前の一時的な資金不足を補うため20.8%
所得が減少したため18.8%
冠婚葬祭・医療費の負担軽減17.4%
参考:銀行カードローンに関する消費者意識調査

カードローンは手軽で安全に使えるのが魅力

カードローンは、カード1つで簡単にお金を借入、返済できるサービスのことです。

世の中にはお金を借りる方法がいくつかありますが、カードローンはその中でも多くの人に使われています。

カードローンの強みは手軽さと安全性です。

消費者金融のカードローンならば即日で借りることが出来るので、急な出費にも対応してくれます。さらに数万円という少額から数百万円までの借入が可能なので、目的や自分の収入に応じて適切な金額を借りることが出来ます

またカードローンは金利もそれほど高くなく、借入の限度額がきちんと決められるのでよっぽどのことがない限り安全に使うことが出来るのも使われる理由です。

カードローンを利用できる人の条件

カードローンは手軽にお金を借りたい方に便利な方法ですが、誰でも借りられるわけではありません。

多くのカードローンは「20歳から69歳までの方で、ご自身に安定した収入がある方」という申し込み条件を定めています。(年齢の条件は会社によって変わるところがあります。)

未成年者は利用が不可能で、仕事による収入がある方がカードローンで借りられる対象です。

安定した収入と言っても正社員でないと借りられないところは少なく、学生でもパートやアルバイトによる収入がある方は借りられるというところもあります。

一方で、無職の方や専業主婦の方などご自身に収入がない方は基本的にはカードローンを利用することは出来ませんのでご注意ください。

申込から借入までの流れ

カードローンはWEB上で申込から融資までを簡単に済ませることが出来ます。

一般的なカードローンの借りるまでの流れは以下のようになっています。

  1. 申し込み、本人確認
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. カードの受け取り
  5. 借入開始

即日で融資できるような消費者金融であれば以上の工程を30分程度で終えて、借り始めることが出来ます。

なお、銀行カードローンの場合は、審査の段階で1営業日を必要とするので最短で翌日以降の融資になります。

審査では返済能力と借入状況を見られる

カードローンは契約するにあたって必ず審査があるので、不安に感じる方もいるかもしれません。

しかし、どのカードローン審査でも基本的にチェックされることは同じなので、それらを知っておけば心配することはありません。

結論から言えば、カードローン審査でチェックされるのはあなたの返済能力と他社での借入状況の2点です。

カードローン会社はあなたにどれくらいの返済能力があるかを以下のような流れによって審査します。

カードローン審査の流れ
  1. 応募時に入力したあなたの収入の有無、金額をチェック
  2. 給与明細などの収入証明書で間違いがないかを確認
  3. あなたが会社に本当に所属しているかを確認
  4. 信用情報機関に問い合わせてあなたの借入状況をチェック
  5. 十分な返済能力があるかどうかを総合的に判断

仕事やアルバイトなどで毎月一定の収入を得ており、過去に返済トラブルなどを起こしたことがない方であればカードローン審査に落ちる心配はありません。

しかし、貸金業法で定められている総量規制によって現在他社から年収3分の1に相当する金額を借入している方や、これから借りる金額と合わせると超えてしまうという方は審査に通過できないので注意してください。

カードローン会社がこのように申込者の返済能力をチェックし、貸付審査を行うのは、貸金業法によって過剰貸付が規制されているためです。

返済方法はネット返済・口座引き落とし・ATM振り込みから選べる

カードローンは、元金と利息を合わせた一定の額を毎月決まった日に返済するという返済方式のところが多いです。これは元利定額返済方式と呼ばれる返済方式です。

中には毎月の返済額が残高によって変わる、残高スライド元利定額返済方式という返済方式のところもあります。

返済方法はネット返済、口座引き落とし、銀行ATMやコンビニATMからの振込返済のいずれかを選択できます。

中でもネット返済は、連携している銀行口座をあらかじめ登録しておくとスマホから簡単に返済できるシステムです。

とても便利なので、導入しているカードローンならばネット返済をおすすめします。

返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生する可能性がありますので、利用する際にはくれぐれも延滞がないように気を付けましょう。

このページの目次
閉じる