5万円借りたい!今日中に必要な時に重視するポイント

急な出費や生活費、旅行費などで今すぐ5万円借りたいとき、どこで借りるのが1番良いでしょうか?

お金が必要になったときに5万円借りる方法はいくつかありますが、選ぶ際に重視すべきポイントがあります。

それは即日融資可能か、審査に通りやすいか、無利息期間があるかです。

以上を踏まえて結論から言うと、5万円を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめです。

この記事では、5万円を借りたいときにおすすめの消費者金融とお得に借りる方法について解説していきます。

このページの目次

5万円借りたい時は消費者金融一択

消費者金融のカードローンは1万円から借りれるところが多く、5万円の融資にも対応しています。また、即日融資に対応しているため、今日中にお金を借りたいときにとても便利です。

スクロールできます
金融機関種別即日融資5万円借入審査難易度
消費者金融通りやすい
クレジットカード会社普通
信販会社普通
銀行××通りにくい

銀行カードローンは即日融資に対応していません。また、融資が10万円からのところがほとんどのため、5万円の借入には適していません。

クレジットカード会社、信販会社は即日融資に対応しているところもありますが、融資までの時間と審査難易度の面で優先度は下がります。

また、5万円を借りたいなら審査は必須です。

少額融資でも、カードローンは審査があります。ですから審査に通りやすいところを選ぶことも重要です。

消費者金融は無担保ですから、個人の信用情報を基に審査を行います。そのため審査スピードも速く、入力情報にミスがなければ即日融資が受けられます。

以上から総合的に判断すると、5万円の借入に最も適している方法は消費者金融カードローンであると言えます。

アコムは初めて借りたい方にぴったり

アコムの融資3秒診断はこちら

アコムは最短30分で融資が可能で、大手消費者金融の中でも特に新規成約率が高いので、初めて5万円を借りる方に適したカードローンです。

また、WEB完結でどこでも借りることができて、初めて借りる方は30日間利息がかからないので、給料日前に急にお金が必要になったという方にもぴったりです。

アコムの申込方法はいくつかありますが、最速で借りられるのはインターネットからの申込です。

初めてアコムで借りる方は5万円程度の少額の借入なら審査に通過できる可能性が高いですが、心配な方は事前に借入3秒診断を試しておくと良いでしょう。

アコムの融資3秒診断はこちら

金利(実質年率)3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資までの時間最短30分
担保・保証人不要

※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

アイフルは審査通過率が高く30日間無利息

アイフルの融資1秒診断はこちら

アイフルは独自のシステムによって審査を行っているので、審査に通りやすく、5万円を借りるのに相性がいいカードローンです。

また、最短30分で審査完了して借入できますのですぐにお金を借りたい人にピッタリです。

Webからの申込みだけで借入まで完結しますので、家族や職場の方にアイフルで借りているのはバレません。また、5万円の借入の場合は収入証明書を提出する必要がないのもうれしいポイントです。

また、はじめてアイフルを利用する方は最大30日間は利息0円で借りられますので、給料日やボーナス前などですぐに返済する予定の方に適しています。

アイフルの融資1秒診断はこちら

金利(実質年率)3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資までの時間最短30分
担保・保証人不要

プロミスは30日利息0円で最短30分での融資可能

プロミスは2022年現在、最も利用者が多いカードローンです。申し込みが簡単なので、2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得しました。

5万円の借入ももちろん可能で、はじめて借りる方なら問題なく審査にも通過できます。

プロミスは24時間いつでも申込が可能で審査回答は最短15秒で事前に審査結果を確認できます。本審査については最短30分の審査(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)できますので、すぐに審査してほしい人にピッタリです。

WEBでの申し込みなら来店不要で最短30分での融資も可能ですし、初めて利用する方は30日間利息0円で借りられます。

プロミスの最短15秒事前審査はこちら

金利(実質年率)4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資までの時間最短30分
担保・保証人不要

レイクALSAは5万円までなら180日間利息0円にできる

レイクALSAは利息0円になるキャンペーンを複数種類設けています。

初めて借りる方は、「借入額全部を60日間無利息」か「5万円まで180日無利息」のどちらかから選ぶことが出来ます

融資までの時間も最短60分と早く、WEB完結を利用して郵送物をなしにすることも可能です。また、たった10秒で簡易審査結果を表示しますので、融資可能か簡単に確認できます。

金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資までの時間最短60分
担保・保証人不要

コンビニATMで今日中にお金を借りれるか確認しよう

以前は消費者金融でお金を借りるには、自動契約機でローンカードを発行する必要がありました。お金を受け取る場合も店舗にあるATMで出勤する必要があり、お金を借りるのが大変でした。

しかし現在はカードレス化が進んでいますので、わざわざ消費者金融の店舗を探す必要はありません。大手消費者金融であれば、セブンイレブンやローソンなどに設置しているATMから簡単に借り入れができます。ただし、アコムはスマホアプリに対応していません。ですからアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)でカード発行する必要があるので注意が必要です。

スクロールできます
消費者金融名コンビニATM対応
プロミスセブン銀行・ローソン銀行ATMで借入返済が可能
アコムセブン銀行ATMで借入・返済が可能
アイフルセブン銀行ATMで借入・返済が可能
レイクALSAセブン銀行ATMで借入・返済が可能
SMBCモビットセブン銀行ATMで借入・返済が可能

5万円借りるなら無利息期間をうまく活用する

消費者金融の場合、はじめてお金を借りる方向けにいくつかのキャンペーンを用意しています。そのうちの一つが無利息期間です。

大手消費者金融の無利息期間を比較してみましょう。プロミス、アコム、アイフルでは30日間の無利息キャンペーンを実施しており、レイクALSAの場合は最長で180日間無利息となります。つまりお金を借りても無利息期間に返済すれば、金利がかかりません。 特にレイクALSAは、借入額が5万円までであれば180日間無利息期間になります。

スクロールできます
消費者金融名無利息期間
プロミス30日間
アコム30日間
アイフル30日間
レイクALSA60日間(5万円までなら180日間)
SMBCモビットなし

5万円を実質年率18.0%で借りた場合の返済額は以下の通りです。

スクロールできます
完済までの期間毎月の返済額利息の総額総返済額
1ヶ月50,737円737円50,737円
3ヶ月18,000円1,460円51,460円
6ヶ月11,000円2,183円52,183円

5万円を実質年率18.0%で借りた場合の返済パターンです。完済までの期間が延びるほど総返済額が高くなっていくため出来れば早いうちに完済していきたいところです。

30日間無利息ありで5万円を実質年率18.0%で借りた場合は以下の通りです。

スクロールできます
完済までの期間毎月の返済額利息の総額総返済額
1ヶ月50,000円0円50,000円
3ヶ月18,000円703円50,703円
6ヶ月11,000円1,405円51,405円

アイフルのような30日無利息サービスを上手く活用すると利息を抑えられてお得に借りることが出来ます。5万円程度を借りる際にはこのサービスの有無も重視するべきでしょう。

消費者金融以外で5万円を借りられる方法もある

消費者金融カードローンを利用する以外にも5万円を即日で借りる方法はあります。

担保できるものがあれば質屋で借りれる

カードローンでお金を借りたくはないけど、お金が必要という場合には質屋で品物を担保として預ける代わりにお金を融資してもらえるので、すぐにお金を借りられます。

バッグや腕時計、指輪やネックレスなどを持っている場合には、期間限定として質屋に預けることですぐに現金を手にできます。

ですが、質屋も当然利息がつきますし、年利は消費者金融のカードローンで借りた場合の上限金利18.0%よりも高く設定されています。返済しなかった場合には質流れとして商品の所有権が質屋になります。

生命保険や学資保険の契約者貸付でも借りられる

あなたや家族が契約している生命保険や学資保険の保険契約の保障はそのままで、解約返戻金の中から決まった範囲でお金を借りられます。ソニー生命の契約者貸付ではネットで手続きが完了するので、わざわざソニー生命に電話したり、紙の書類などで手続きする必要はありません。

貸付金には利息がかかりますが、利率に関しては約3%と非常に低い利率で借りられます。利用可能金額は解約返戻金内までとなりますが、返済に関しては全額返済、一部返済のいずれかで毎月引落されずに返済できる際に銀行振込等で返済可能です。

日雇いのバイトでも稼げる

最近では会社員で働きながら副業で稼ぐ人も増えています。たとえば、最近ではUbereatsの配達員として土日働き稼ぐ方法もあります。配送料は週単位で支払いを受けられますので、少しお金が足りなくなったら週末の空いた時間で自転車配達をするだけで3万円稼げます。

わざわざコンビニなど探して面接してシフトを調整するよりも、働きたいときに働きたいだけ稼げるUbereatsは体力次第で3万円稼いで足りない生活費を補えます。

SNSで募集している個人間融資は利用してはいけない

個人間融資」という言葉がSNSなどで使われることがあります 。個人間でお金を借りられるので貸主次第でお金を借りれられる仕組みです。最近、利用者が増えているようです。

ただし、非常にリスクが高いため利用してはいけません。法外な金利を要求されるケースもありますし、利息の見返りに肉体関係をせまる「ひととき融資」であったり、人の弱みに付け込んだ取り立てなど問題だらけです。

友人にお金を借りるのもトラブルにつながりやすく、あなたの信頼も落としますので全くオススメしません。いきなり知り合いに「5万かしてほしい」と頼んで断られるのもつらいですし、あなたがお金に困っていると周りに言われてしまったときに「お金に困っている」イメージはマイナスです。

所得の分布状況を見ると中央値は427万円で月収としては20万円台ですので、貯金が無ければ5万円は非常に大金です。ですが、消費者金融では人に知らずにお金を借りられますし、無利息期間内に返済すれば無利息で元本のみで済むので人の信頼をなくしません。

給与ファクタリングの利用は絶対に避ける

最近、給料を担保としてお金を借りる「給与ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか?毎月支払われる給与を給与ファクタリング業者へ給与(賃金債権)を売却(譲渡)して、業者は手数料を引いた金額を提供し消費者は手数料を含めた金額を給与が入った時点で支払います。

この給与の前借りで手数料を取るわけですが、この手数料を年利計算すると法外な金利であったり、違法な取り立てなどのトラブルが起きています。

給与ファクタリングは貸金業で借金と同じです。貸金業法の登録を受けずに給与ファクタリングを行っているのはヤミ金と一緒ですので絶対に利用してはいけません。

参考:ファクタリング取引と称するヤミ金に注意!-高額な手数料や強引な取り立ての相談が寄せられています

このページの目次
閉じる